Adsense


2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« エゾムラサキツツジ | トップページ | 吉野家の牛丼が3000食限定復活! »

2004.05.06

「よろしかったでしょうか?」はよろしいのか?

お店の店員さんに「よろしかったでしょうか?」と言われる機会が、最近多いと思います。「よろしいですか?」「よろしいでしょうか?」と同様に使っているみたいですね。

どうも引っかかるんです。何故過去形なんだ、と。

「ご注文を繰り返させて頂きます。~でよろしかったでしょうか?」
と、まあこれはまだ良いのですが、
「コーヒーにはミルクをお入れしてよろしかったでしょうか?」
と、今までこちらが意思表示していないことに対しても、「よろしかった」を使われるケースが良くあります(追記:まだミルクは入れられていないのに、上記のような声を掛けられたのです)。「ん?」と、ちょっと耳に付くんですよね。

あまりにも回数が多いので、ただの言い間違いと言うより、ちょっとしたトレンドと捉えています。


…で、何故そう言うのか?

私が考えたところ、3つ理由が有ると思います。「ご注文を~」でも「コーヒーに~」でも同じだと思いますが、

A:本来は過去の時点で訊ねるべきだったのに、訊ねていなかったというお詫び・謙遜の意味を込めた過去型。

B:現在型の「よろしいですか?」は相手に判断を強く求める感じがする。「よろしかったでしょうか?」だと、過去の感想を訊ねる意味合いとなり、切迫感が薄れ、負担を軽減させる。

C:(これが本音だと思いますが)1や2と関連して、決定を過去の既成事実化して、「よろしくない」という回答にしたくないため。

こんな所でしょう。A・Bの丁寧語的な意味合いと、Cのかけひき的な意味合いと、二重の意味があるのではないか、と。


…で、結局「よろしかったでしょうか?」はよろしいのか?

それはつまり、受け取る側の問題でしょう。言葉が正しいかどうか、というのは、最後には話者に決定権があります。

Aの「最初に訊ねるべきだった」、あるいは「(隠れた本音?)D:あなたはコーヒーを注文するときに、ミルク入りかどうか同時に意思表示をするべきだった」と言われてしまうと、もう日本語として正しいかどうかの問題ではなくなりますね。(この辺が「よろしかったでしょうか?」を言われる方として、引っかかるところだと思いますが。)

でも、それをコミュニケーションとして成立させるかどうかは、聞く方にも権利があります。

丁寧表現と捉えれば、それはそれでいいし、話者の本音が「C」なら、それに対応すればいい。「よろしかったでしょうか?」という言葉の痛がゆさに負けず、自分の判断、意思表示をすることが大事なのです。

店員さんに「よろしかったでしょうか?」と言われて、「その表現は引っかかる」と拳を上げ、上のA~Dを並べ立てて「あなたは何故過去形なの?」と反論したりすると、かなり嫌な顔をされるでしょうけど。(^-^;

« エゾムラサキツツジ | トップページ | 吉野家の牛丼が3000食限定復活! »

コメント

 はじめまして……「葉桜日記」のTompeiです。私の記事にトラックバックをつけていただき、ありがとうございました。

 なかなか鋭いご指摘、興味深く読ませていただきました。「よろしかったでしょうか?」という言葉を使っている本人に、「何故、過去形なの?」と聞いてみたいものですね。「……?」と無言の答えが返ってきそうですが。たぶん、彼らは一生懸命、丁寧語を使っているつもりなんです。「よろしいですか?」より丁寧度が高い、と勘違いしているのだと思います。でも言われてみれば、確かにその根底には、「C」の「『よろしくない』という回答にしたくない」思いが見え隠れしている……ああ、ますます嫌いです、この言葉。
 

コメントありがとうございます!

あと、嫌悪感を感じるのは、この言葉が「偽者クサイから」だと思います。まったく新しい言葉なら、いいんですけどね。

「よろしかったでしょうか?」といわれたら、「何で過去形なの?よろしいでしょうか、でいいじゃない?過去を振り返らず、前を見ろ、前を!若いんだから!」とか言ってみるって言うのはどうでしょう?(←おっさんだ…(^^;)

cyber cafe KGM にトラックバック頂き有り難うございました。
大変勉強になります。ありがとうございました。
で宜しかったでしょうか?(笑)

トラックバック付いてましたので、釣られて考えてみました(笑

私は最初の
「ご注文を繰り返させて頂きます。~でよろしかったでしょうか?」
の方に違和感を感じた。
「~でよろしいでしょうか?」
の方が良いように思う。それは「予定を確認する行為」を過去形で尋ねられる違和感だろう。注文を聞いたのは過去でその内容を確認する意味では過去形で良いのだが、より重要なのは“今現在客が欲しているもの”“未来に自分が客に持ってくるもの”を確認すべきと思うからである。

「コーヒーにはミルクをお入れしてよろしかったでしょうか?」
は過去の行為(ミルクを入れた)に対して形式的な了解を得る行為と考え、あまり違和感がない。
客のためを思いやってミルクを入れた自分の行為を、あたかも自分が誤って(早まって)入れてしまったかのように言う謙遜!
そして、ルーチンワークと化した一連の行為をあたかも思いやりの行動のように見せかける彩り!
まさに日本的侘び寂びの流れを汲む、省略の美学である!!
実態はマニュアルにそう書いてあるだけなのだが。

半分おちゃらけが入ってしまいましたが、私は大体この意味と感じています。

きーほんさん、コメントありがとうございます!
私の言葉足らずで申し訳なかったのですが、「コーヒーには~」は「まだ入れていないのに」言われたのです。過去にミルクは入れられていないのです。にもかかわらず、過去形だったわけです。

…すみません。分かるように、本文中も追加します。ご指摘ありがとうございました!

nariです。ご無沙汰しております。

過去形を丁寧語的に使うのは、北海道では結構多いです。道産子の私は違和感ないですし、自分でも使ってます。
例えば本文中の「コーヒーにミルク…」だと、私の感覚では、「自分は、今回はミルクを入れないと理解して今まで行動した。私の行動はこれで良かったのか?」という感じです。

参考までに(^^;)

nariさん、ありがとうございます。
私の挙げた「A」にほぼ近い内容ですね。

そう、今回の北海道旅行で「よろしかったでしょうか」を、ものすごく耳にしたんです。それがこの記事のきっかけでした。
東京よりも数倍の確率でこのフレーズを聞きました。一種の地域特有の表現手法、なのかもしれませんね。

あ、北海道で聞かれたんですね。この件は北海道以外の人には物凄く違和感があるらしいですね~(^^;)
私は今でも無意識のうちに過去形使ってるかもしれませんし。

もう調べられているかもしれませんが、「北海道 方言 過去形」で検索かけると沢山引っかかります(^^;)
意外と北海道の方言ってあるみたいです(^^;)

こんにちははじめまして。
google で「よろしかったでしょうか」で探したらこちらが見つかりました。

私の体験談を述べさせてください。
自分のサイトでも取り上げたことです。
ある飲食店での出来事ですが、

「お召し上がりでよろしかったでしょうか」

※言葉を省略しすぎていて「店内で」食べるか「持ち帰って」食べるかを聞いていない。
※飲食店で食材を買う以上「食べる」のは当たり前なので質問として成立していない。
※過去形「よろしかったでしょうか」になっている。

「席空いてますか」
「(即答で)分かりません」
今はこういった対応が珍しくない時代なんです。
過去形にして話す日本語は私もおかしいと思うし、それを改めない企業側やマニュアルにも問題があるのだと思いますが、
いちいち気にしていたり、言葉がおかしいと注文をつけていたら、こちらの時間が食われてしまうばかりだと思いますよ。

ちなみにこの件、この会社のお客様窓口に伝えたところ、「アナウンス部に伝えさせていただきます」という返事がありましたが、たぶん本腰いれては検討していないと思います。

どうもです。コメントありがとうございます。
>nariさん
検索しました。北海道では確かに過去形が多いですね。
東京では「ありがとうございました」くらいですよね。これは、過去形にすることによって、ある特定の行為(=感謝すべき対象)を明確にする、という効果があると思われますが。
北海道の人が、どういう意識でわざわざ現在形でなく過去形を使うのか、おそらく何らかの敬意か親近感の表現だと思うのですけどね。

>451fさん
>いちいち気にしていたり、言葉がおかしいと注文をつけていたら、こちらの時間が食われてしまうばかりだと思いますよ

いや、その通りだと思います。でもまあ、「なんか引っかかる」という自分の気持ちの分析と、相手の発言意図の明確化をしようと思ったのでした。ま、「なころぐ」はそんなことを気にするブログだということが差別化ポイントです、ということで、お許しの程を(^-^;

北海道生まれ北海道育ちのnariです。
私の意識としてはとっても簡単で、「過去形」=「丁寧」というだけです(^^;)。
なぜこうなったのかは、そういえば良く分からないですね。学校で習ったわけでもないし、親から教わったわけでもないですし。多分周囲で使ってるから覚えたってパターンかも…(^^;)

なんか冷たい書き方してごめんなさい。お返事ありがとうございます。

「乱れた日本語の対応というのは明らかに従業員に対する教育や躾の不足であり、客に対して失礼な行為」、というのはまず大前提にあると思います。
ただ、そういった意見をわざわざ企業の窓口に連絡するのは、自分の時間や、場合によっては通話料をすべて自分で負担することになります。だから、そもそもそういった企業は、客である自分たちが、時間や予算を犠牲にしてまで注意する価値があるのか、ということです。
企業側も、そういったことをもっと真摯に受け止めるべきなんですよね。。。特に日本では、苦情をいう文化や風土がないのだから、なおさら「日本語間違ってますよ」という指摘を受けたら厳しく受け止めるべきだと思うのですが。

面白いことに、たとえばgoogleなどで「ご利用になられる」「ご覧になられる」といった言葉を検索すると、大手企業のサイトの「弊社の日本語プログラムをご利用になられる場合は」「弊社の日本語翻訳サービスをご利用になられる場合は」といった文面がヒットします。正しい日本語を扱って初めて成立する商品やサービスの場合、紹介する時点ですでに日本語が間違っているとなると、信用なくしますよね(笑)

長々とすいません。ただ、私も、こういった問題を取り扱うのはすごく好きです。
Niftyの会員でもないのに、意見をかいてすいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「よろしかったでしょうか?」はよろしいのか?:

» よろしかったでしょうか? [鳶嶋工房blog]
 私は「よろしかったでしょうか?」という言い回しが、とても嫌いな頑固野郎なわ [続きを読む]

« エゾムラサキツツジ | トップページ | 吉野家の牛丼が3000食限定復活! »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople