Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の52件の記事

2004.08.31

黒猫と赤いポストのコンビニ戦争

 ローソン窓口における取扱店契約が、ヤマト運輸「宅急便」から日本郵政公社「ゆうパック」へと変更になることが発表されたのは8月17日。

 ローソンとしては、宅急便とゆうパックの双方を取り扱いたかったようですが、ヤマト運輸が「ゆうパックと宅急便が両方使える状況はいやだ」と撤退する形となりました。なぜなのか。

 8月26日に、ヤマト運輸は意見広告を新聞各紙朝刊に出しました(全文)。かいつまむと

郵政公社は独占事業を持ち、さらに税制上の特別優遇措置を受けている。こうした利益をもとに、自分たちが切り開いてきた市場(コンビニ取り扱いなど)で価格競争を仕掛けるのはアンフェアだ。
 これに対し、郵政公社も反論しています(全文)。
ゆうパックはシェアが小さいので、宅急便をすぐ不当に圧迫する状況には無い。独占事業は、ユニバーサルサービス(全国同一価格維持など)を義務付けられている特殊な事業であり、独占は当然。税制優遇も、債務超過状態からスタートすることとの引き換え条件でしかない。我々の事業はフェアだ。
 と、譲りません。

 双方ご意見はもっともに聞こえます。この問題に対し、内田裕子さんという方が、下記のようにご意見を仰っています。

ビジネス道場 ビジネスコラムイッキ読み!より

ヤマト運輸は価格競争を恐れているのでしょう。郵政公社とクロネコのガチンコ対決が進むと、その行き着く先は、値下げ競争ではないでしょうか。クロネコは大変ですが、私たち利用者にとってはこんなにいいことはありません。これが民営化のメリットですよね。違いますか?
 現在ヤマト運輸がこの市場において独占的な力を持っていて、その価格を適正レベルまで下げるということであれば、仰るとおりだと思います。

 でも私が考えるのに、この問題は「金持ちの子供と貧乏なガキ大将が喧嘩をするのに金持ちの子供は買ってもらった金属バットで戦い、貧乏なガキ大将は素手で、腕力で戦う」というようなものに見えるのです。

 そりゃ確かに、競争は技術やサービスの向上をもたらします。この状態で喧嘩をすれば、金持ちの子供は金属バットの使い方を覚え、貧乏なガキ大将はうたれ強くなるでしょう。そして、よりいっそう高度な戦いが繰り広げられることでしょう。

 古代ローマのコロッセオで格闘を見るがごとく、その殺し合いを愉快に見るのも一興かも知れませんが、経済ルール、あるいは経済倫理というのは一部の試合場だけのものではなく、(ほぼ)すべての人間にあてはまるものです。我々がいるのは観客席ではなく、試合場なのです。

 何でもかんでも競争主義、自由主義ということは認められていません。そのボーダーラインをどこに引くかという問題のはずです。電電公社、国鉄、専売公社の民営化と状況が異なりますので(NTTは似ているかもしれませんが)、十分に検討して、よりよい競争環境を作って欲しいものです。

 私は、ユニバーサルサービスと自由競争という二つの「正義」を、長い時間つなぎ止めておける綱はもう存在しないと思っています。そう言う意味では、郵政3事業民営化という理念自体が間違っている気もするのですが…。

南風

 久しぶりの東京の街には、台風による「吹き返し」の南風が吹き荒れています。

 昨日、沖縄旅行から帰ってきました。この「猛烈な」台風16号に影響された今回の旅行でしたが、とにかく楽しかったのです。東京への飛行機の座席に腰掛け、窓から那覇空港のターミナルを眺めていると、寂しさで胸がいっぱいになりました。

 南風に乗った飛行機は、2時間後には東京上空へ。

 「ほんとうに同じ“雲”なのだろうか」と思うほど重苦しい雲の中を、飛行機は降りていきます。以前に沖縄旅行から帰ってきたときにも、晴れてはいたのですが、濃いスモッグが東京の街を覆っていて、悲しい気持ちになりました。

 この街の、この空気の中の生活。いや、考えてみれば、私たちがはき出した重苦しい空気も加算されているのですね。

 でも、今日の暖かくて湿った風は、少し海の匂いがしました。那覇の首里城を吹き抜けていった、あの海風に似ているような気がします。今日の風を感じて、「ほっ」としているのは、きっと私だけでしょう。

 最大風速30m/sの南風は、すっかり東京の空気を入れ換えてくれたでしょうか?

沖縄旅行中、エイサーに参加!

040830a.jpg
 沖縄の中部、海洋博公園に近い所にあるカフェでランチのピザを食べ終わったとき、はっぴを着た地元の青年団が、店の前にトラックに乗ってやってきました。そして太鼓を叩き、歌い、踊り始めました。エイサーという踊りです。

 今回の旅行中、現地沖縄は「お盆」でした。お盆期間中にエイサー隊が地元の青年によって組織され、このように家々を回るようです。

 旧暦のお盆、7月15日は、現在の8月末にあたります。東京では新暦の7月15日、その他の地域では新暦の8月15日にお盆となっています。しかし、沖縄では旧暦の「こよみ通り」に行われるようです。(沖縄のお盆の詳細な情報は→◇沖縄からヨッシャー!!(=^^)9:本日!沖縄はウークイでございまッス!

 この日(8月29日)は台風16号の影響により、各ビーチは遊泳禁止で、船も欠航。そこで、海洋博公園にある「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」を見て、そのあとランチは「ピザ喫茶 花人逢」というコースでした。

 おいしいピザを食べ終わり会計をしていたところ、お店の人が「エイサーが来ました~」とポツリ。お店の外に出ると、このはっぴの人たちがいました。

 彼らはBGM用のカラオケセットを用意して、BEGINの歌「オジー自慢のオリオンビール」などにあわせて踊ります。

040830b.jpg

 私もお店の縁側で見ていたのですが、その後引き込まれ、一緒に踊ることに。(^-^;

 踊りは超テキトーなのですが、なんだかすごく楽しかったです。終わったあと地元の青年団の方に、「次はあっちの家で踊るから」とお誘いを受けたのですが(笑)、泣く泣くホテルへと帰っていきました。

 水族館も素晴らしいし、このカフェも眺めは良いしピザも美味しいし、おまけにエイサーまで踊れるなんて、超Happyな台風の一日でした!

2004.08.27

沖縄/北谷(ちゃたん)の夕日

040827a.jpg
 綺麗ですねぇ。東京の雲とくらべて、雲の輪郭のシャープさが違います。夕日の色も違います。(東京と比べられるモノではないですが)

 沖縄に旅行に来ました。台風16号の嵐で、ホテルに缶詰になるかと思っていたのですが、沖縄に着いてみるとずっかり晴れています。

 だーしゃさんからも「だいじょうぶ」との励ましのコメントを頂きましたし、那覇のイタリアンレストランのお店の方にも「横にそれるからだいじょうぶ」と言われました。

 予定していたシュノーケリングは難しそうですが、思いもよらず美味しいものが食べられたり、ホテルが凄く良かったりと、楽しむことができています。やっぱ、沖縄はいいっす!

2004.08.26

「大鳥居」という街

 あしたから沖縄旅行です。朝早い便で行くため、羽田空港近くのホテルに泊まることにしました。リーズナブルながら、清潔感があり、空港までシャトルバスも出してくれます。

東横イン 羽田大鳥居本館

 大鳥居、と言う街です。穴守稲荷という神社の大きな鳥居があったことからこの地名になりました。京浜急行:空港線の駅があります。、羽田空港の3つ手前です。

 で、大鳥居には何があるか?

・環八通りと産業道路の交差点がある。
・和民の本社がある。
・病院がやたらに多い。

 と、それはいいとして、

・セガの本社がある。

 これですね。SEGAの青いネオンが目にまぶしい。大鳥居の駅には、ゲームクリエイターらしき人影をよく見かけます。

 ドリームキャストの発表会も確かココでやったはず。Katana、Shinobi…ツワモノどもが夢の跡。

五輪での長嶋監督のコメント集

 銅メダルを獲得した、野球オリンピック代表。2大会ぶりのメダル獲得、おめでとうございます。

 今回印象に残ったのは、「1つも落としてはいけない」という中での選手のプレーです。ヘッドスライディング、ホームランを打った後の歓喜ぶりなど、普段のペナントレースでは見せないような迫力を見せてもらいました。

 そして、それと共に頭に残ったのが、長嶋監督のコメントです。一茂さんが代読したり、ファックスだったりと、結局監督自身は一度も姿を見せませんでしたが、なんだかとても印象的でした。

--- --- --- --- ---
○予選:キューバ戦勝利

 予選とはいえ、(五輪でのキューバ戦初勝利という)私の悲願が1つかなった思いがしてとてもうれしい。ただ、戦いは始まったばかりで、戦いはまだまだ続く。これからも日本野球の技術の高さを世界に示して行って下さい。

 本当に良かった。おめでとう。

--- --- --- --- ---
●予選:オーストラリア戦敗退

 何か最初から流れが日本になかったような気がする。キューバより格下相手のオーストラリアに負けた。しかし、これもまた野球なのだ。野球の神様はチャンスを公平に両チームに分け与える。今日は日本がチャンスをつかみそこねただけだ。

 今日のことは一切、反省しないように。忘れてください。そして、明後日は全員が真っ白な気持ちでグラウンドに立てるようにしてください。次があります。何度も言うように、今日のことは反省しないように。明後日真っ白な気持ちでグラウンドに立つことの方が重要です。

続きを読む "五輪での長嶋監督のコメント集" »

2004.08.25

ハンマー投げで薬物、室伏「金」昇格?読売の報道

 今日の14:30位に、読売新聞、およびそこから配信されるサイト(Yahoo!トピックス、@niftyニュースなど)で、下記のような記事が掲載されました。

---
ハンマー優勝者に薬物違反の疑い…室伏「金」も (読売新聞)

【アテネ=結城和香子】22日に行われたアテネ五輪の陸上男子ハンマー投げで優勝したアドリアン・アヌシュ選手(ハンガリー)(29)が、薬物検査に必要な尿サンプル量(75ミリ・リットル)を提出しなかった疑いがあることが、分かった。
 五輪関係者が24日、読売新聞の取材に対して明らかにした。
 ドーピング(薬物使用)規定によると、薬物の陽性反応が出た場合のほか、検査の尿サンプル量が検査規定通り提出されない場合も、自分の尿サンプルをすり替えた疑いがあるため、処分の対象としている。ドーピング違反が適用され、アヌシュ選手の金メダルがはく奪された場合、28センチ差の2位だった室伏広治選手(29)(ミズノ)が1位に繰り上がる可能性が出てきた。
---

 ところが、その30分後くらいから、各ニュースサイトで上記記事が一斉に削除されました。なんだか、あれよあれよと言う間に消えていって、ちょっとびっくり。(インフォシークはわりと残ってます)

 スクープなのか誤報なのか…、日本人にとっては大きいニュースですし、五輪の威信に関わる重大問題。是非その後の情報を期待したいものです。

※読売新聞の夕刊1面に掲載されているようです。

関連:結城和香子さんの著書
オリンピック物語(帯に「神に捧げる祭典は、なぜ商業五輪になってしまったか」とあります)

続きを読む "ハンマー投げで薬物、室伏「金」昇格?読売の報道" »

沖縄旅行@台風16号に行く予定です

 私は東京在住ですが、沖縄が大好きです。今年も沖縄に行こうと計画を立て、8月27日(金)から行く予定にしてます。

 …が、沖縄に台風が近づいています。

-----
 8/25日正午現在
 台風16号(アジア名:CHABA)
 大きさ:大型
 強さ:猛烈
 中心気圧:910hPa
 最大風速:55m/s
 暴風半径:中心から240km
(28日に沖縄に接近する可能性大)
-----

 今年一番の大物だ…(;_;)。910ヘクトパスカルって、久々に見る低気圧っぷりだ。

 飛行機、飛ぶかなぁ。大丈夫かなぁ。っていうか、わざわざそんなところ行かない方がイイのかなぁ?ちょっと悲しいっす。

 ま、とにかく飛行機さえ飛んでくれたら、空港で沖縄そばでも食べて、あとはホテルでゆっくりしよう。

Yahoo!天気情報 - 台風情報 - 沖縄

2004.08.24

日本のメダルラッシュは不景気のおかげ?

 アテネ五輪では、奇跡とも言えるくらいの日本人のメダルラッシュ。ここ最近のオリンピックからすると考えられないくらいの数ですよね。

 このメダルラッシュはどうしてもたらされたのか…、と言う問いに対して、「それは不景気のせいでは?」という説を唱えた人がいます。それはなんと、糸井重里さん。

ほぼ日刊イトイ新聞(8月24日)より

なぜ日本の選手たちが強くなったのか?「それは、不景気のせいだ」という仮説を立てたのです。いわば、若い人たちのいる場所が、肥沃じゃなくなったということです。そこで、永田農法的に、ひとりずつの選手の生命力が発揮されるようになった、という説。
 永田農法というのは、トマトを栽培するとき、わざとやせた土に植え、水もほとんどあげないという「スパルタな」育て方。こういう「過酷な環境」だと、栄養があって美味しいトマトができるのだそうです。

 経済的な影響が及んだと言うことではなく、社会全体の風潮として「参加することに意義がある」から「結果を求める」に変化しているのかも知れません。あるいは、自信をなくした日本人が、外国からの技術導入などに対して、謙虚になったあらわれなのかも。

 そしてこういう論調は、準決勝で敗れてしまった野球の関係者に向けて、矢のように突き刺さるかも知れません。どちらにしても日本の野球には、「過酷な環境」が待っているのかも。

焼酎居酒屋『がってん承知之介』

 本格焼酎トラックバックピープル開設記念で、焼酎の店を一軒ピックアップ。

がってん承知之介(秋葉原店)地図

 秋葉原の昭和通り口、駅の向かい側のCoCo壱番屋の横丁を入っていった所にある、焼酎居酒屋です。特徴は置いてある焼酎の数。なんと100本以上です。しかも、どれも1杯600円で飲むことができます。(レアな焼酎だと、1杯の量が少なくなる仕組み)

 細長くこぢんまりした店で、開放的で庶民的でレトロな感じです。イスはビールケースをひっくり返したものです。

 料理も値段の割には量・味ともに満足できます。チャーシューや角煮など、肉系がオススメかな。

 あまりにも銘柄が多いので、店長さん(らしき人)にオススメ焼酎を聞いて飲むことにしています。男同士、2~3人で飲みに行く、と言った感じのお店です。

人はメンのみにて生きるに非ず

 最近、昼飯は「うどん」か「ラーメン」です。今日も、「てんや」の天丼にしようかと最後まで迷ったのですが、結局ラーメンにしてしまいました。

 この夏の暑さと関係があるのでしょうか?米を頬張るより、麺をすする方に魅力を感じるようです。

 しかし、よく考えてみると、そうめんを食べてないんですよね。あと、冷製パスタというものも食べてない。そういえばそばもあまり食べてない。結局、うどんかラーメン(つけ麺を含む)。

 実は、神保町に「丸香」といううどん屋ができて、そこにハマっているのが主な原因です。あやうく、2日連続で今日も行くところでした(^-^;。

 で、今日は何を食べたかというと、結局ラーメンでした…。

 要はこの2つを繰り返すスパイラルに陥っているわけです。二重らせん構造。なんとかせねば。

Windows画面「着せかえ」ソフト導入

040824a.jpg
 Windowsの画面は、「テーマ」というものを変えることにより、テイストの違う画面構成にすることができます。(画面のプロパティから変更可能)

 ただ、変更点が少ないのと、イマイチセンスがないということで、標準画面から変更している人は少ないと思います。

 また、Microsoftから発売されているPlus!を購入すると、多少変更の幅が広がりますが、はっきりいってこのセンスも気に入らない。

 そんななか、WindowBlindsというソフトが発売されました。英語版は昨年くらいからあったのですが、ちゃんと日本語化して発売。Vectorなどで買えます。3,800円くらいです。

 私は、グラフィックチップ(Geforce 5650Go)や、高解像度液晶(1920x1200)を搭載しているノートPCを使用しています。私のPCへのこだわりは「画面回り」なのです。(ゲームもしないのに(^-^;)

 というわけで、ちょっと高いけど購入しました。選べるスキン(テーマと同じ)は300種類以上有ります。全部が全部かっこいいということはないのですが、それでも楽しめます。Macの様にすることや、WindowMediaPlayerの様な外観で統一することもできます。

 このソフトはタスクバーの管理などまで乗っ取るらしく、操作上多少の不具合が出ることもありますが、その辺はご愛敬。

ウインドウブラインド日本オフィシャルサイト

2004.08.23

アメリカ合衆国?アメリカ合州国?

 …日本での正式な呼び名は「アメリカ合衆国」です。(外務省ページ

 さきほど、ぼーっと街を歩いたときにふと疑問に思いました。United Statesなのに、なぜ「合州国」でなくて「合衆国」なのか?アメリカのStateは、日本では「州」と訳すのに。

 調べてみると、ことのはさんというページに詳しく書いてあります。(以下一部引用)

・合衆国という言葉が作られたのは中国(当時の清)。日本の開国前(1840年ころ)に使われている。王国でない国=共和国の意味。
・清の正式な文書に、アメリカのことを「亜美理駕洲大合衆国」と書いてある。
・どうも、この呼び名が日本に輸入されたらしい。

 日本では、民主国家のことを「共和国」と訳したが(現在ほとんどの国は共和国としている)、アメリカおよびメキシコは「合衆国」のまま残ったようです。(外務省:メキシコ合衆国

 とはいえ、やはりUnited Statesというのは「StatesがUniteした」という意味だと思うので、stateを州と訳す以上、合州ないし連邦とか言う方が直訳としては正しいと思います。イギリスのUnited Kingdomは連合王国とされていますし…。(ただし、連邦という意味だとFedarationなどが使われてます。ややこしい。)

 ちなみに、日本では「米国」といわれますが、香港に行ったときアメリカのことを「美国」と書いてありました。「亜美利哥」と書くからだそうです。

三菱マークを外されたパジェロ

040823a.jpg
 ふと街を歩いていると、黒いパジェロを発見。TV番組で「パジェロ!パジェロ!」と叫んでいたのはもう昔の話で、最近では危険物扱いですね。で、このパジェロもよく見ると、三菱マークが取り外されていました…。悲しい。

 三菱車は軒並み中古車価格が暴落しているらしいですが、ランエボだけは別格でほとんど値が下がっていないそうです。パジェロもそう言う車だと思っていたのですが…そうでもないのかなぁ。

 でも、アテネの話題で三菱に関する記事がすっかり減りましたね。こちらのほうも、マスコミからの「マークが外れた」状態のようです。

パジェロ

三菱自動車(TOPページにお詫び文が…)

ほとんどの函館市民は「イカ踊り」が踊れるらしい

♪函館名物イカ踊り
 イカ刺し 塩から いかソーメン
 もひとつおまけに いかポッポ
 いかいかいかいか イカ踊り
 いかいかいかいか イカ踊り
(以下くりかえし)

 …こんな歌と共に、軽快なダンスを見せる「いか踊り」。函館の町おこしのため、観光協会が作成し、市民に浸透したものとされています。イラスト付きのダンス解説はこちら

 以前ニュースで、「函館市民はほとんどがこのイカ踊りを踊れるらしい」と特集していました。実際、函館市民に街で声を掛けると、少し恥ずかしそうに、みんなカメラの前で踊りを披露していました。

 夕べスルメを食べていて、ふと頭の中に流れたこのフレーズが、頭の中から消えません。というわけで、ブログに書くことにしました。

 函館商工会議所のページで、なんと楽曲ダウンロードができます。(→こちら

「函館名物いか踊り」は、音楽だけでは伝わらない迫力があります。
 いや、十分です(汗

関連?:
いかレスラー

Sleipnir用リンクアンカー作成スクリプト

 Sleipnir用のスクリプトを作成しました。ブログ記事作成時に、ネット上の記事へリンクを張るとき、Aタグのアンカーを作成すると思いますが、これを記事の表示されているページから一発でクリップボード上に作成するスクリプトです。

 特徴は、

・クリップボードへのコピー内容をメッセージ表示できる。
・リンク前後に「行頭文字」など、好きな文字を設定できる。
・範囲指定をすれば、それをリンクテキストにできる。
・大手ニュースサイトはページ内容から、(ある程度)タイトルを自動で抽出する。

ファイルのダウンロード

 スクリプトの詳しい導入方法は、上記ファイルをダウンロードしたあと、こちらの「導入方法」を参考にしてみて下さい。

---

 Yahoo!ニュースとかって、ページのタイトルが、記事の内容ではなく「Yahooニュース -社会」等の抽象的な分類名なので、リンクを作るとき面倒くさかったのです。これを解決してみようと各サイトをあたってみたのですが、スクリプト作成は結構苦労しました。

 なお、各サイトの方で仕様変更などをされてしまったら、追いつかない場合があります(そのときは、ドキュメントのタイトルを使います)。

2004.08.22

今度は多段タブだ!Sleipnir 1.64

 愛用しているブラウザ、Sleipnir(スレイプニール)の新バージョン"1.64"がリリースされました。

(Sleipnirについてはこちら

 リソースリークなどのバグフィックス(不具合修正)がされているようですが、新機能として「多段タブ」に対応しました。

 これまでは、ページのタグの表示は一段のみで、開いていたはずのページを探すのに、タブをスクロールをするしか無かったのですが、これで一目見てすぐに探すことができます。

 それにしても、バージョンアップすることに軽くなるし、どんどん便利になっていく。すばらしいです。

Sleipnir

---
追記:あっというまにv1.65にアップ。バグフィックスだそうです。

続きを読む "今度は多段タブだ!Sleipnir 1.64" »

殺人的な人出の麻布十番祭り

 正式名称は「麻布十番納涼祭」。先ほど行ってきましたが、とんでもない人出でした。

 もともとは、陸の孤島と呼ばれていたほど、麻布十番は交通の便が悪いところでした。西麻布とともに、芸能人などがお忍びで繰り出す街の一つでした。

 そんな街の商店街を盛り上げるためのイベントが「十番祭り」でした。大使館や外国人向けの店が多い同地域の特性を活かした、とても個性的な出店=でみせ(チュニジア料理とか)が魅力です。

 ところが、2000年の地下鉄南北線・大江戸線開通で「麻布十番駅」が開業。これを契機に、翌年以降は人出が多くなりました。

 そして、麻布十番から徒歩圏内にできた「六本木ヒルズ」のおかげで、さらに人が流れるようになり…昨年からは殺人的な混雑となっています。

 ちょっと嬉しくもあり、ちょっと悲しくもあり。来年は、どうしようかなぁ?

麻布十番商店街(←こちらも大混雑)

2004.08.20

細木数子の元夫は、「平成」の名付け親である

FDクラススタッフ控室:どうして「平成」というのか?

「平成」は、安岡 正篤氏 (陽明学者、占い師 細木数子の元夫) が考案し、死後に山本達郎氏(東大名誉教授)が再提出。
( ・∀・)つ〃∩へぇー ...

 私にとって、今週最大のトリビア。全く知らなかったです。

 この安岡正篤氏は、どういう方かというと、

・明治31年(1898年)生まれ 帝大法学部卒業
・東陽政治哲学・人間学の権威。陽明学者とされている。陽明学は儒学の一派で、大塩平八郎の乱とか、尊王攘夷論とかで名前が出てきますね。
・元号「平成」の起案者。
・「終戦の詔勅」の起草者とも言われている。(終戦当時、安岡氏はまだ若いが、当時の陸海軍の上層部から強い信頼を得ていたとされている)
・政財界に強い影響を与え、中曽根首相辺りまでの昭和半ばの自民党政治家は、この人の影響下と言われている。

 という、とんでもない大物です。

 細木氏と結婚したとき、安岡氏が85歳、細木氏が45歳という、40歳の年の差カップルでした。そして、この1年後に安岡氏が亡くなります。

 というわけで、google等で検索すると、この結婚に関して、遺産争いとか、安岡氏親族との対立とかということが色々書いてあります。メディアでもネタになっているようですね。

 それで、モンキッキーとか言うんだから、たいしたもんです。(←これは放送作家のつくり事かもしれませんけど。)

箸で切れるトンカツ@まい泉

040819a.jpg
 「まい泉」は有名なトンカツ屋さんです。渋谷の東急の中の店に行ってみました。

 確かに箸で切れます。「厚切りロースカツ定食」を頼んだので、それなりの厚さです。外はさくさく、中はジューシー。歯ごたえと舌触りは絶品です。

 でも、味は丸五の方が好きですね。まい泉の方は、ちょっと肉の味が薄いというか。

 ソースは二種類。香辛料や野菜がふんだんに入ったコッテリ甘めのトンカツソースと、辛口とかかれたウスターソース。さらに、ニンニクや香辛料入った「スパイスソルト」があります。「ソースは衣でなく肉にかける推進委員会」の私としても、ここのトンカツソースは衣にかけても良いかもしれません。難しいところですな。

 次は、上野の蓬莱屋にも行ってみたいです。

2004.08.19

「行き先ボード」に見る企業文化

 だいたいどこの会社にも、自分の行き先を書くボードが存在すると思います。

 このバリエーションについて、今まで見たものを書いてみます。

○行き先の書き方
・企業名/事業所名を書く
・会う人の名前も書く
・「東京」「品川」と駅名だけ書く

○帰社時間の書き方
・書かない
・「n時」だけ書く
・「n時」か「n時半」を書く
・分の単位まで書く

○帰宅したかどうか
・書かない
・書く
・「お先に失礼します」と書いていく

○出先から家に直接帰るとき
・「直帰」
・「NR(ノーリターン)」
・「/(スラッシュ)」

続きを読む "「行き先ボード」に見る企業文化" »

「さくらや」で五輪便乗セール

 さくらやのページより。

---

さくらやGET!GOLDキャンペーン

 今世紀最大のスポーツイベント!!
 アテネで日本人選手がメダルを獲得した翌日、対象商品がその場で現金割引き!

・金メダルなら最大10,000円引き
・銀メダルなら最大 8,000円引き
・銅メダルなら最大 6,000円引き

※割引き対象商品は「対象商品マーク」が目印です。
※割引き最大額は対象商品により異なります。(詳しくは売場係員まで)
※大会期間中は金・銀・銅いずれかの割引きをさせて頂きます。

2004年8月14日(土)~2004年8月30日(月)まで

---

 とのこと。今日は1万円引きです。(^-^)

 でもこれって、公式スポンサーじゃなくても大丈夫なのかなぁ?

2004.08.18

伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ!

 アテネ五輪、男子体操の団体戦で日本が金メダル獲得!昨日の朝に入ってきたニュースですね。

 その金メダルを決める最後の演技は、富田選手による「鉄棒」。ミスをしなければ金メダルという状況で、順調に演技を進め、最後の「新月面宙返り」で着地へ。

 その宙返りをしている時の、着地の瞬間への実況が

伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!
 一歩もぐらつかない富田選手の完璧な着地と、見事なコメント。…しびれました。

 「新月面」というのは、2回宙返り2回捻りのこと。栄光への架け橋、というのは、NHKのオリンピックテーマソング、ゆずが歌う「栄光の架け橋」と掛けているのかな?

 それにしても見事です。専門的用語と文学的単語をならべて、「放物線は架け橋だ」という日本語が美しい。着地をピタリと決めた富田選手と張り合うかのように、言葉のタイミングをピタリと決めたあたりも素晴らしい。

 この実況をされたのは、NHKの刈屋富士雄アナウンサーという方だそうです。ネットを調べてみると、某掲示板では「神実況」とも言われてますね(笑)。

 感動に言葉は要らない、と言われますが、いやはやどうして。

続きを読む "伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ!" »

2004.08.17

「ネトゲ中毒男」の妻、みのもんたに相談

 今日のお昼過ぎのこと、「おもいッきりテレビ」を見ていたところ、視聴者からの相談に答える「生電話」のコーナーで、以下の様な相談が来ていました。

うちの旦那は39歳。今年の正月休みの暇つぶしで始めた「ネットワークゲーム」にはまっていて困っている。就業後も職場のPCで朝までネットゲームをする毎日。勤務中は眠気で仕事に手つかず、同僚からは忠告の電話も入っている。会社にもバレて、残業代分の金額返還を求められてもいる。娘も二人いるが、父娘の溝はどんどん広がっている。どうしたらいいか?
 という相談内容でした。

 スタジオのコメンテイターの中では、まじめに

いまアメリカでもネット離婚というのが流行っている。夫婦間の会話が減るのが原因である。ネットに過剰にのめり込むのは、現実社会への適応や人間関係等に、(程度の差はあっても)何らかの問題が有ることが多い。そこから見直すべきだ
 と答えている人もいました。

 しかし、みのもんた氏は、「インベーダーゲームが流行ったよねー」とか、「私も人間関係が苦手だからね。無口だしね。わっはっは~」と、かなり投げやりな発言に終始し、相談内容対してまともに答えていませんでした。あまり得意な分野ではなかったようです。

 とはいえ、中高年に絶大な人気のあるこの番組。身に覚えのある方は、奥さんやお母さんから、一言何か言われるかも知れません。

 ブログにも、あまりのめり込まないように、皆様気をつけましょうね。

「お盆」の意味をもう一度考える

 旧暦で7月15日、この時期は「お盆休み」と言われ、「亡くなった方の魂の供養をする時期」とされています。正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、サンスクリット語(古代インド語)の「ウラバンナ」という言葉から来ています。

 実は、この「ウラバンナ」は「逆さ吊り」という意味です。「お盆とは、逆さ吊りと言う意味」なのです。「覆水盆に返らず」などとは、全く関係ありません。

 仏教の教えに、下記のようなくだりがあります。

-----

『…お釈迦様の弟子の一人に、目連という人がいました。生き別れになって死んでしまった母を想い、母の幸せを願うため、厳しい修行に耐えていました。ある日、ついに心の目であの世にいる母の姿を見ることができました。

 しかし目連が見たのは、あの世で逆さ吊りにされ、目に涙を浮かべている母の顔でした。』

-----

 そして、Google等で「盂蘭盆会」を検索すると、この話はだいたい以下のように続いています。(バージョンA)

-----

『…目連の母は、地獄に落とされ、逆さ吊りにされていたのでした。
 お釈迦様に相談したところ、7月15日に大規模な法要を行えば、成仏できると言われました。そこで、目連が言われた通りに法要を行うと、母は無事極楽往生を遂げたのでした。

 だから、お盆には供養を行うのです。』

-----

 とまあ、こんな感じです。私は、この説明はいささかしっくりきませんでした。しかし、とあるお坊さんに言われた話は、これと違っておりました。(バージョンB)

-----

『…なぜ、私の母は逆さ吊りにされ、あんな苦しそうな顔をしているのですか?と、目連はお釈迦様につめよりました。自分は母を助けたい為に、一生懸命修行をし、聖人となるべく努力したはずなのに、と。

 すると、お釈迦様はこう答えました。

 よく見なさい。逆さ吊りにされているのは、お母さんではなく、おまえの方なのだ。おまえが逆さ吊りにされているような苦しみを味わっているから、お母さんはそんなおまえを見て、泣いているのだよ。』

-----

続きを読む "「お盆」の意味をもう一度考える" »

2004.08.16

口内炎

 下唇の下、左側にできた口内炎。飲んだり食べたりするたびに、痛みが走ります。

 ネットで調べても、イマイチ原因はよく分かりません。「ストレス」や「栄養の偏り」による免疫システムの不全だとか、「胃が荒れる」と口内炎ができるだとか、「歯磨きをじっくりやっていない」「むくみ」が原因だとか、諸説有るようです。

 っていうか、いずれも身に覚えがあります(泣)。

 チョコラBBも飲んだのですが、「一発でなおる」とはいきませんでした。どっちかっていうと、液体のものの方が効果があるようです。

 1週間経過し、ようやく痛みが治まってきました。不摂生を反省しております。

2004.08.15

日本語Windowsは「haikuでエラー通知」?

 ITメディアの記事より。

 アメリカでは、ITの都市伝説として、こういうものがあるそうです。

日本語版Windowsは俳句をエラーメッセージに使っている
 …はい?

 噂の元は、企画で「haikuによるerror messageコンテスト」というのがあったから、だそうです。英語でhaikuと言っても日本語の5/7/5にはならないので、俳句文学的表現、と言う感じになるでしょうか。

 どんなものがあるかというと、例としてあげられているのが、

Three things are certain:
Death, taxes, and lost data.
Guess which has occurred.
 ベンジャミン・フランクリンの格言で

"Nothing is certain but death and taxes.
-「死と税金以上に確かなものはない」

 というのをもじって作られたネタですね。訳すと
----------
【メッセージ】
 人間には、逃れられないことがことが3つあるといわれている。
 「死」「税金」「データの消失」。
 このうちの一つが、実際に起こったと思われる。
  -by Windows
----------

続きを読む "日本語Windowsは「haikuでエラー通知」?" »

東京湾大華火祭

040815a.jpg
 毎年この時期に行われる、都心で最大の花火大会。見物客は71万人だそうです。(asahi.comより)。この日も色々あったのですが、最後は花火を見に行きました。やっぱり、花火の写真は難しいです。三脚も持ってないので、ブレブレでした。

 花火をずっと見ていると、自分の心が見えてくるような気がします。「序破急のリズム」といわれますが、脳細胞の神経伝達と花火が似ているのかもしれません。

 打ち上がる花火を希望の光と見るか、消え入った後の空を絶望の闇と見るか。

2004.08.14

ドンキホーテ秋葉原店レポ

 先ほど、本日オープンしたドンキホーテ秋葉原店を見てきました。

 ほかのドンキホーテに比べて、通路がキチッと確保されているという印象です。おそらく、ヤマギワソフトの火災で厳しくなった、消防関係の指導の影響だと思いますが、商品も見やすい。

 2Fが食料品、3Fが衣服、4Fが電気製品関連ですね。5Fは、なんだかよく分からない状態になっています(メイド喫茶とか)。

 これといって目玉の商品というのは見つからなかったんですが、総じて安いし、品揃えもまあまあ。また時間があったら言ってみようと思います。

 また、「秋葉原の不夜城」というふれこみの通り、深夜営業(5時まで)があります。アキバではこれまでも、幾つかの店舗が深夜営業にチャレンジして失敗しているため、動向が注目されます。

(神田市場があったころは、ヤマギワソフトの所にあるミスタードーナッツも24時間営業をしていたんですけどね)

 アキバは住みよい町になるかも知れません。…ならないか(^_^;

 ちなみに、そのヤマギワソフト館も火災からの復活オープンをしていました。こちらも、相当通路が広くなった印象があります。

 それにしても、今日のアキバは人出が多いです。コミケと花火の影響かな?

続きを読む "ドンキホーテ秋葉原店レポ" »

2004.08.13

巨人、渡辺恒雄オーナーが辞任

 いよいよ、プロ野球関連の将来に関する状況が不透明になってきました。スカウトの不正行為の責任をとる、と言うことのようですが。

 チケットの売れ残り、視聴率低迷、1リーグ問題等々…自身の健康問題もあるなかで、もうやってられない、と言うことなのでしょうか?

 責任の取り方はいいとしても、今後野球がどうなるのか?はてさて。

2004.08.12

変な宿泊プラン

 昨年、鬼怒川に行きました。温泉はかけ流しで立派な施設。ただ、ご飯が冷めていたり、多少サービスには不満があったかな。

 足利銀行の破綻の理由の一つになるほど、不振が続く鬼怒川温泉。浅草から特急で2時間弱で到着する立地にありながら、どうも客足が伸びない。さらにここのところの入浴剤利用や水道水使用疑惑で、温泉の信用が落ちている…。いやー、大変ですね!

 ところが、そんな鬼怒川温泉のとある旅館について、やじうまwatchでこんな記事をみつけました。(元はDJはこんな物をたまに買う/TOKYO SKIP PARADISE

鬼怒川温泉の旅館「佳祥坊 福松」には、風変わりな宿泊コースがそろっているようだ
 ほう。どれどれ?(以下一部引用、多少編纂)
-----
・チェックインの時に、有名人の物まねをすると生ビールが1杯無料の「ものまねプラン」
・館主が直々に宿泊者の悩みを秘密厳守で聞いてくれる、ありがたい「悩み事相談プラン」
・夜9時にロビーに集まって、宿泊者がお互いに怪談話をする「夏の夜の恐怖体験実話プラン」
・名字が内藤さんか斎藤さんに限り利用できる「グット内藤! お休みな斎藤! プラン」
・アーメンとラーメンをかけたダジャレプラン「Christianはラーメン」で、ラーメン1杯プレゼント
・宿泊の際に修士論文もしくは博士論文をもっていくと一冊のみ2000円で買ってくれる「高学歴者プラン(優越意識プラン) 」
・宿泊者の中に戌年の方がいたらその方の宿泊料が半額になる「戌年だ!「ワン」プラン」(チェックインの際「戌年だワン」と言わねばならない)
-----
 …なんだこりゃ。(;_;)

 ちゃんと旅行サイトに載っているんですね~。(「旅の窓口:佳祥坊 福松」)

 刺激が足りない方は、ぜひぜひ。

2004.08.11

預金引き出し時の罠「キャッシング」

 ATMで預金を引き出そうとしたとき、あやまってキャッシング(借金)してしまったという話を立て続けに3件聞きました。(うち1つは過去の話ですが)

・誤って「キャッシング」のボタンを押してしまう。
・クレジットカードを入れてしまう。
・カードを入れる方向によって、キャッシングになってしまう。

 いずれも不注意と言えば不注意なんですが、最近はATMの操作画面構成が、キャッシングを誘発させるようになっていると思います。

 っていうか、キャッシングって言う言葉も変ですよね。英語で動詞の"cash"は「手形などを現金に引き替える」といういみで、「現金を貸し出す」という意味はないそうです。

 ちゃんと訳すと"cash loan"。ローンという単語を避けるイメージ戦略ですね。


 なお私自身は、いまのところこの罠には引っかかっていません。しかし、先ほど預金をおろそうと思い「東京三菱銀行クイックコーナー」に入ろうと思ってドアをくぐったら、「東京三菱キャッシュワン」のドアだった、という罠がありました。(^-^;

 たまにはババンと…行ってはいけません。気をつけましょう。

「三本締め」の謎

 宴会やパーティの最後に締めとして行う行事で、「(手拍子)パパパン パパパン パパパン パン(計10回)」を3回繰り返すのを「三本締め」と言います。9+1で「九」→「丸」となり、「丸く収める」と言う意味。三回行うのは、「三方(主催者、出演者、来場者)を丸く収める」ということ。もともとは歌舞伎に端を発しているようです。

 この締めは、主催者代表など偉い人が挨拶のあと号令をするのですが、ときどき間違えている人がいます。

・三本締めなのに、「では、一本締めで」という人がいる。

・三本締めなのに、「では、三三七拍子で」という人がいる。

・三本締めなのに、「では、万歳三唱で」という人がいる。

 「万歳三唱で」って言っておいて、「いよぉーっ!」と力まれたりしても、まわりは困惑するばかりです。(^-^;

 いろいろなところで行われている割には、何故か間違いが多いですよね。間違えているのが偉い人なので、ツッコむタイミングがむずかしく、そのまま流されてしまう…。

 ちなみに、「一本締めで」と言って、「よーっ パン」と1回しか手を叩かない人がいますが、これは間違い。1回しか叩かないのは「一丁締め」というそうで、一本締めの方はちゃんと10回叩くのだそうです。でも、基本的には三本締めが望ましいようです。

 このブログを読んでいる偉い方、是非よろしくお願い致します。ちゃんと締めにならないと、どうも気持ちが悪いものです。

2004.08.10

オタクとヤマンバギャルとの共通点と相違点

 以前「ツッパリとオタクの共通点」という事を書きました。

・「社会の理想的主流に抗う」という点が共通している。
・リカードの比較生産費説的考えると、なんだか説得力があるような。

 切り口は「理想に抗う」という事でした。似ていることですが、「普通の人と違う理想(美意識)を目指す集団」という観点で見ると、オタクとヤマンバギャルも同じくくりができるのではないか、と思いました。

 ヤマンバギャルといえば、数年前にブームが終演しながら、最近復活してきているファッションです(一度記事にしました)。スーパーガングロ、ものすごいシャドウを入れる等、きわめて特徴的なメイクをする少女たち。

 美意識が違うクラスターとして、社会は分類されているのかもしれません。美意識と哲学とはかなり関連が深いので、違う集団に移ると、かなりの疎外感、不安感を感じたりします。逆に言えば、美意識にはそれぞれ引力(求心力)があるのです。

続きを読む "オタクとヤマンバギャルとの共通点と相違点" »

「着うた」が般若心経

 聞いた話なんですが、そういう人がいるらしいです。いまやっているホラー映画のキャッチコピーが「自分の番号は、着信拒否しておいたほうがいいよ…」というものらしいですが、それより強力だと思われます。(^-^;

 ブログやホームページでも「気がつくと下のステータスバーに般若心経が流れていた」みたいな茶目っ気が必要かも知れません。夏らしくて良いかも?

 「いちbyte にbyte さんbyte … 1byte足りない…」といって「文字が化けて出てくる…」「きゃー!」みたいなのはどうでしょう?。

---

 なお、「着メロ」が「君が代」、というひともいたそうです。それはそれで強力ですな(^-^;

新潟のバイパス

 小高い丘からいちめんの田んぼの真ん中へ、すーっと降りていく新しいバイパス国道。車の助手席から見えたのは、みどりの大地へと滑空・着陸する、グライダーに乗っているような風景でした。

 毎年墓参のため、8月に新潟へ行くのが恒例の行事です。今年も、上越新幹線燕三条駅でレンタカーを借り、伯父さん運転席に、私は助手席に座って新潟の道を走りました。

 今年は、去年まで長い間工事中だったバイパスが開通していました。高速道路かと見まごうような、立派な国道です。国土交通省となった今でも、角栄さんのかけ声は刻み込まれているようですね。

 道路脇には数キロ先の山の麓まで、豊かな田んぼが続いています。先日の豪雨・洪水に見舞われたイネですが、太陽の力でまっすぐに立ち直っていました。まだ「いなほ」が出ていないうちだったため、大丈夫だったとのことです。

 それにしても、日帰りでこんな光景に出会えるということは驚きです。

国道116号線新潟の道を走ろう

こんな道もあるそうです。

2004.08.09

山田うどん花子

 ふとはなまるうどんのお店の前を通ったときに、おもいました。

なぜ山田花子は、山田うどんではなくて、はなまるうどんのキャラクターになったんだろう?
 いや、そりゃCM契約金とか広告費の問題とかいろいろあるんじゃないか?と自分にツッコミを入れたのでした。

 っていうか、最近疲れてますね、わたし。

2004.08.08

嗤う「アルプス一万尺」

 東京から新潟に向かう夏休みの新幹線。私の席の近くの女の子が騒いでいます。静かに本を読もうと思い、できるだけ声を意識からシャットアウトしていたのですが…。

 大宮を過ぎた辺りで、アルプス一万尺を始めました。どうしても耳に入ってきます。ところが、その歌詞が…

 「♪アーループース一万尺 コヤシのうーえで
   アルペン踊りを さあ踊りましょ…」

 情景を思い浮かべて、吹き出しそうになりました。6歳くらいの女の子。畑の真ん中で、肥やしを踏み固めながら踊っている…

 その子はまた歌い始めました。ちゃんと覚えているわけではないようで、歌うたびに歌詞が変わっていきます。

 「♪アーループース一万尺 オヤジのうーえで…」

 今度はオヤジを踏み固めながら踊っている…


 …と言う話を、帰ってきて別の人にしたところ「本当は『アルプス一万尺 子ヤギの上で』でしょ?」と言われました。

 今度は子ヤギを踏み固めながら踊っている…可哀想すぎる。(;_;)

続きを読む "嗤う「アルプス一万尺」" »

2004.08.06

青山ブックセンターは今後どうなるの?

040806a.jpg
 先月の16日の夜、ブログを見ていて青山ブックセンター閉店の情報を知りました。それほど大きな企業ではないためか、ニュースとして流れるよりも、私はブログ記事を見つける方が早かったのでした。(関連:その場所に

---

●これまでの経緯(ネット上の情報とかを集めたものなので、一部不正確なところがあるかもしれません。ご容赦ください。)

 バブル期に不動産投資を行い、その借金返済に追われて経営を圧迫。さらに強く返済を迫られ(銀行によるいわゆる貸し剥がし?)、取次店、出版社、出入り業者への支払いを遅らせ、その差額を銀行に納めるようになった。

 そうした(いつまで経っても売掛金が回収できない)状況に、同社への書籍取次ぎの大部分を占める栗田がしびれを切らし、「破産申し立て」「店頭書籍回収」という手に出て閉店に追い込まれた。いきなりの動きに、他の業者も大わらわ。

 債務超過であることを考えると、このまま破産宣告となる可能性が高かった。

 ところが、書店業そのものは黒字であり、またブランド力もあることから、日本洋書販売(洋販)がスポンサーとなって再生を目指すため、民事再生法の適用を申請した。(Y!ニュース

 このまま民事再生手続きが開始となり、債権者の同意を得られれば、同社および洋販としては、まずは青山本店、六本木店、自由が丘店について営業再開させたい意向のもよう。

---

 ネット上では惜しむ声が多かったので、復活できれば温かく迎えられると思うのですが…。本屋さん大好きな私としては、今後とも頑張っていただきたいです。

2004.08.05

体重が淡々と増加するよ(食べ物ブログ)

 どうも、食べ物に関するブログを書いていると、体重が増えていくような気がするのです。つい興味本位で余計なものを食べてしまったりするからでしょうか?ブログ肥満と言う言葉もあるようですが、あるいは「デブろぐ」っていう感じか。

 で、体重増加傾向を防ぐにはどうしたらいいか?

 「食べ物に関する記事を書いたら腹筋20回」っていうのはどうでしょう?結構良いかも?

 さらに、コメント/トラックバックをもらったら5回追加、みたいな。そうすると、おもしろがってコメントを書いてくれるかもしれませんね。(^-^;


 さて、どなたかチャレンジして頂いて、結果をぜひ…

関連:
食べたものを淡々と記録するよ
(↑この方は、あまり太りそうな物は食べてないようですね^^;。)

鼎泰豊の小籠包

040805a.jpg
 台湾で人気の点心のお店「鼎泰豊(でぃんたいふぉん)」。デパートの高島屋各店に展開しています。第一号店の新宿店オープン当初は話題になりました。いまでも人気で、お店にはいるまで20分程度待たされてしまいました。

 早速、小籠包もついてくるランチを注文。10分弱で、蒸し器に入った小籠包登場。湯気がこぼれています。

 包のなかの肉汁をこぼさないよう、レンゲの上にのせて、ほおばります。熱いのは承知の上、舌を少しぐらい火傷するのは承知の上で、ほおばります。

 お味の方は…それほどコッテリではなく、脂ぎっていません。つけダレの方は、結構酸味がきいています。お酢がタップリ入っているようです。総合的に上品な味、と言う印象です。

 汁無しラーメンとのセットで、1380円。正直少々お高い…と思ったのですが、デパートの中というロケーションを考えると、逆に安いのかも。

鼎泰豊

うそ!?吉野家でタコライスが!

吉野家でタコライスが食べられるデイリーポータルZのコネタより)

 タコライスといえば、タコスの具(炒めた挽肉、レタスの細切り、チーズ、サルサソース)をご飯の上にのせ、かき回して食べる沖縄名物料理。

 これが、沖縄の吉野家でメニューにあるとのこと。「沖縄」「吉野家」「タコライス」というのは、なころぐ的には夢のコラボレーションなのです!(理解が得られにくいと思いますが…)

 上記サイトにレポートが記載されています。「コーレーグース(唐辛子を泡盛で漬けた物)」も置いてあるという、マニアにはたまらない状態ですね。

吉野家のタコライスは味、ボリューム共に満足できるものだった。僕は大食いの方なのだが、一皿で十分満腹になる。さすが吉野家、早い安いうまい、の牛丼哲学はタコライスにも受け継がれていた。
 ぜひ全国展開をっ!!(>_<)/

2004.08.04

三越大セール

 現在、東京・日本橋の三越本店では、この秋の新館オープンに向けたセールを行っています。仕事の合間にちょっとだけ寄ってみたのですが、いままで見たことも無いような人ごみです。

 三越が(呉服屋から)百貨店への業態転換を目指した「デパートメントストア宣言」から100年。それを記念した新館の建築、にともなうセールということで、「100年に一度の大セール」というキャッチフレーズです。

 でも、確かに安い。アルマーニの売り場をみたら、30万円のジャケットが22万円に、40万円のジャケットが28万円に。

 …微妙?

 でも、5万円のシャツが2万円になったりしています。それ以外にも、女性ファッション・食器その他いろいろあるようです。お近くの方はぜひぜひ。

 なお、私は買いませ~ん。(他に出費の予定があるので買えません。)

MSがブログに参入、ケータイ連携に注目

マイクロソフトもブログに参入、「古川ブログ」もスタート

 ケータイ向けホームページ開設サービス「魔法のiらんど」を運営しているT.O.Sと提携してサービスを行うとのこと。

 うーん、なかなか正しいアプローチだなぁ、という印象を受けました。マイクロソフトは".net Passport必須"という条件で、ケータイオンリーユーザは相手にしないみたいですが…。

 ブログとケータイはもっと相互活用されるべきで、日本におけるBlogはケータイ抜きでは語れなくなるはずだ、と思います。

 といいつつ、最近の私は全くモブログしてないのです。ケータイで撮った写真も、必ずPCで編集してからアップする毎日。

 なにか新しいムーブメントを起こしてくれたら面白いな、と期待します。

続きを読む "MSがブログに参入、ケータイ連携に注目" »

QRコード

mob_qr2.jpg
 「2次元バーコード」と呼ばれるものの一つで、近頃ケータイ向けに広がっていますね。先日購入したauの携帯にも、読み取り機能がついていました。利用してみようと思い、ココモブURLを仕込んだ画像をアップしました。ぜひご利用下さい。

 使用したソフトは、「携帯電話用 QRコードエディタ(サイテック製)」です。ドコモなどからも同様のソフトがダウンロードできます。登録をすれば、サイト上で作ってくれるところもあります(ココ)。

 ちなみに、QRコードはISO/JIS標準規格です。デンソーウェーブ開発し、特許および商標権を持っていますが、解放宣言していてフリーで利用できます。トヨタ系の会社なので、きっと安心でしょう。(^-^;

 テクノロジーは面白いし、対応端末はどんどん増えるし、もっと面白い事が考えられそうな気がするんですけどね。「好きです」っていう文字を埋め込んだQRコードで告白とか。3秒間だけTVに流すとか。スタンプラリーとか。オセロの局面を撮ってみるとか。シマウマとか。

目につく「世襲アスリート」

 今回のアテネオリンピックの日本代表に2世選手が多い、という印象が有ります。2世選手が有利な面としては、

1.DNAの継承。
2.小さい頃からのトレーニング、ノウハウの伝授。
3.明確なモチベーションの維持。逃げ場がない。
4.まわりの期待を集めやすく、追い風にできる。

 と言う要因が考えられます。

 しかし「会社経営の継承」「流派の家元の継承」と比較すると、モノや権利を移管できないという難しさがあります。なにより、選考会でフェアに1番にならないと、代表になれません。それでもこれだけ2世アスリートが増えているというのが、ちょっと驚きです。

 誰か1人の意志だけで実現されることではなく、「自然の流れ」として増えているのです。

 ということは、世の中は結局「カースト制度」なのではないか、などとも思いました。憲法で職業選択の自由が保障されていたり、職業がどんどん専門的になっていくとしても、結局エントロピーは増大せず、職業選択はカオスではなくそれなりのコスモスに向かう。窓拭きの子供は窓拭き。営業の子供は営業。SEの子供はSE。

 これを不思議と考えるか、当たり前と考えるか?

2004.08.03

Fool Proof(耐バカ性)

“誰にでもやさしい”ITは良いことなのか?

Fool Proofの“Proof”はWater Proof(耐水)などのProofと同じく、何かに耐えて目的が達せられることを意味している。「知識や能力がなくとも(Foolに耐えて)、誰でも容易に仕事ができるようにしよう」という概念で、「教育や訓練で人のレベルを上げて問題に対処していこう」という方向とは逆の考え方だ。
 デジタル機器のユーザインタフェースが「何も分かってない人でも操作できるように」という思想になっている事への反論の記事です。といっても、対象は「消費者向け機器」ではなく、飛行機の操縦システムなど「プロ用のシステム」です。

 この記事の内容はともかく、この"Fool Proof"っていう言葉が気になりました。
・やろうとしていることを、実行するのがカンタン。
・想定外の結果にならないような配慮。
 "User Friendly"と、基本的には同じ意味のはず。気になったのは、フレンドリーな顔をしていて、陰ではバカにされている、という場面を思い浮かべたからでしょうか。被害者妄想かも?

 「子供を成長させるため、あえて苦労をさせる」的な発想が、ユーザインタフェースの世界でも求められていると言うことでしょうか?まあ、業務システムの世界では、実は昔から言われていたことかも知れません。使い勝手の悪いシステムを納入した業者の言い訳として。

浜崎あゆみ推薦-納豆マヨキムチカレー

040803a.jpg
 昨日の晩に放送された「Hey!Hey!Hey!」にて、浜崎あゆみが「大好き」といっていたカレー。それが「納豆マヨキムチカレー」。

 その名の通り、カレーに納豆とキムチが入っていて、上からマヨネーズをかけています。CoCo壱番屋にて、トッピングしました。

 アユラーでもマヨラーでもない私を支えるのは、チャレンジ精神のみです。出された皿をしげしげと見つめ、具をかき混ぜます。そんなにはマズくないだろう、と思って、一口パクリ。

 …うーん、ねっとり。とにかく、ねっとり感が口を包みます。そして、こってり。納豆の臭みは、最初は気になりませんが、だんだん口に残ってきます。納豆好きの私としても、やはり気になる。

 味の評価は、5段階中「☆☆」くらいでしょうか。

家庭用ビールサーバ向け「ブラウマイスター」

 ブラウマイスターといえば、先日の記事でも書いたとおり、飲食店向けの高級生ビールブランドです。それが、家庭用ビールサーバ向けに限定発売されているようです。

キリン樽生ブラウマイスター1520ml

 家族の人がみつけて買ってきてくれました。ありがとう。

 サーバ器具を取り付けて、昨日飲んでみました。通常販売されている「樽生 一番搾り」よりも、コク・キレが強く、そして何と言っても苦い!(^-^)

 かなりホップがきいているようです。香りも強いですが、強い苦みを感じます。食事中のビールとしては一番搾りがオススメです。でも、暑い日の一杯目としては、ブラウマイスターの方がオススメ!

 家でこんなビールが飲めるなんて、シアワセですねぇ。(しかし、もうちょっと安くならないかなぁ。)

2004.08.02

ぷにらー待望の「RSSバー for Sleipnir」

 コレだよ、コレ!私が欲しかったのは!

RSSバー for Sleipnir 0.91β

 RSSリーダは、重かったり不安定だったりするのと、ブラウザはSleipnirに一本化したかったのとで、結局あまり使っていませんでした。(Miechとかもインストールはしてあるのですが…)

 というわけで、コレです。エクスプローラバーの拡張パネルにサクッとRSSを表示してくれます。ぷにらー(Sleipnirユーザ)には、必須のプラグインとなるでしょう。

 まだβということで、追加して欲しい機能はいくつもありますが(ダブルクリックで内容更新とか)、それはこれからのお楽しみ、ということで。このバージョンでも十分便利です。

車に乗って隅田川の花火を見る方法

 7月31日(土)は、隅田川の花火大会でした。

 江戸時代からある由緒ある花火大会で、各花火制作会社のコンテストが開かれることでも有名です。市街地という制約から、低く小さい花火で打ち上げ数も少なめですが、独創性が競われる「質で勝負」という花火大会です。趣向を凝らした、変わった花火が見所です。

 ただ、林立するビルの谷間で打ち上げる花火で、しかも高い花火も上げられないことから、早くから場所取りをしないと、ちゃんと見ることができません。しかも、屋外はヒートアイランドで暑い!

 ということで、私は車の中から見ることにしています。首都高のC2(中央環状線)に乗ってしまうのです。葛西JCTから北上していくと、左手の荒川越しに花火を見ることができます。ほとんど渋滞しているので、わりとよく見えるのです(わき見運転はやめましょう(^-^;)。

 果てしなく続くマンション群の夜景の向こうに上がる花火を、エアコンの効いた車内で見る。なかなか良いモノですよ!

2004.08.01

ことしの桃は美味しい

 さっき桃の皮をむいて、かぶりついたときの匂いがまだ両手に残っています。大きく立派な桃で、完熟一歩手前、甘さと香り、歯触りは素晴らしかったです。

 桃の季節は6月からですね。今年は殆どハズレ無しで、抜群の当たり年。日差しが強く、空梅雨だった影響でしょうか?この調子だと、梨やブドウや柿も当たりかもしれません。

 様々なビタミンを含む果物を食べることは長生きの秘訣ですし、「自然の恵みをそのまま食べてる」というダイレクトな感じもスキです。

 そんななかでも、私は桃が一番好き!

 今年はもう20個は食べてます。あと10個は食べたいな。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople