Adsense


2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« 鮫洲と餃子と諸行無常 | トップページ | 「“自殺パン”って知ってる?」 »

2005.03.19

餃子はなぜ「ギョウザ」と言うのか

 鮫洲で餃子を食べた話を書いてから、餃子という言葉が気になるようになりました。「食べる+交わる+子ども」、ちょっと意味深な言葉ですが…。

★「こうし」でも「チャオズ」でもなく「ギョウザ」

 餃子という漢字は、ギョウザと読まれます。おそらく日本全国共通でしょう。

 しかし、餃子という漢字をそのまま読めば「コウシ」となります。それに、中国語で餃子と言う字は「チャオズ」と読まれます。「ギョウザ」という読みはいったいどこから来たのか?

 諸説ありますが、「チャオズー(ジャオズー)」と読む北京語に対して、山東省という地域の方言で「ギャオジー」と読んでいるのを語源だとするのが有力です。あるいは、もっと南の上海・広東でそう呼んでいるという人もいます。呉智英氏は、言葉の常備薬という本で、朝鮮語語源説を唱えています。

 ラーメンを最初に食べた日本人は「水戸光圀(=いわゆる黄門さま)」と言われています。では、餃子を最初に食べた日本人は…じつは、これも「水戸光圀」だと言われているようです。光圀は、中国(当時は明)からやってきた朱瞬水という儒学者から、さまざまな中華料理を伝授されたようです(参考)。

 で、先程の山東省は、孔子や孟子が生まれた儒学の聖地です。朱瞬水は、南の浙江省という地域の出身ですが、ひょっとしたらこの辺も「ギョウザ」という発音に関係があるのかも知れませんね。ちなみに、本場中国でも、この食べ物を「餃子」という言葉で呼ぶようになったのは、明の時代のようです。

★うちの爺さん

 日本の庶民にギョウザが広まったのは、太平洋戦争後と言われています。戦前は「餃子を出す店」というのは、ほとんど無かったそうです。このサイトに「明治時代になっても東京・神田周辺の数件の店で食べることが出来る程度」と書いてあります。

 日本の庶民に広まった理由として、「旧満州に出兵していた日本人が餃子を食べ、そのおいしさに感激し、日本に戻ってから作るようになった」とあります。

 そういえば、うちの爺さん(私の祖父)は「神田っ子」で、戦争に行っています。戦争で満州に行った時、餃子を食べたそうですが、「はじめて餃子を食べた」と言っていました。日本で食べていたとしても、まったく違う味に感じたんでしょう。

 爺さんが日本へ戻ってから、私の祖母に「餃子がうまかったから、作ってくれ」と言ったそうです。祖母は出兵してないので、餃子を食べたことはありません。作り方がわからなくて、最初はまったく違うものができてしまった、苦労した、と言っていました。

 そのときに美味い餃子を作っていたら、うちは餃子屋になっていたかもしれない。。

 ちなみに、宇都宮が餃子の町になったのも、「戦時中宇都宮に駐屯していた日本陸軍第14師団が中国大陸に進出し、現地で覚えた餃子の味を戦後復員し宇都宮に広めた、という説」が紹介されています(先ほどのサイト)。

---

 うちの爺さんは、満州のハルピン(中国・黒竜江省)で、餃子を食べたことをこのように語っています。

 「その中華料理屋は、まわりは中国人だらけで、日本兵は俺一人。同僚の日本人を誘っても、怖いから行きたくないと言う。でも俺は一人で入った。いつ襲われるかわからないから、まわりを振り返りながら食った。でも美味かった」

 「へええ。ちなみに、餃子はいくらだったの?」

 「金なんか払わないよ。こっちは日本の軍隊なんだから」

 そりゃあ、襲われるよな。

« 鮫洲と餃子と諸行無常 | トップページ | 「“自殺パン”って知ってる?」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子はなぜ「ギョウザ」と言うのか:

» ギョウザの形 [素敵なハッピーデイ]
ギョウザは今日では日本でもよく食べられていますが、もともとは中国料理で、中国語ではチャオズというんです。 [続きを読む]

« 鮫洲と餃子と諸行無常 | トップページ | 「“自殺パン”って知ってる?」 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople