Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の11件の記事

2006.06.28

CAFE LIFE CAFE

 麻布十番にあるカフェです。「カフェ生活」カフェ、という意味でしょうか。

060628a

060628b

 いろいろなカフェに行きましたが、バランスではここが一番好きです。素敵な雰囲気の内装、おいしいフード、夜遅くまでのオープン。眺望だけはNGですが、それ以外は三ツ星級です。

 このときは昼に行ったので、アイスコーヒーを飲んだだけでしたが、妙な酸味が少なくて、すっきりおいしいコーヒーでした。コーヒーがおいしいカフェ、なかなか少ないですよね。

 15分休憩しただけのつもりが、30分も経っていてびっくり!こういうのが、スローライフというものですね。

『CAFE LIFE CAFE』
港区麻布十番 3-7-3
Tel: 03-5419-3388
Open 12:00~28:00 無休

続きを読む "CAFE LIFE CAFE" »

2006.06.26

ニュースクリップ集:06/19-06/25

 先週のニュースクリップです。(計:30clip)

W杯 クロアチア対日本 0-0 日本苦戦の戦犯は電通か?
現地、15時からの試合はグループFで二試合だけ。その二試合とも日本戦になったのは、電通の横やりだ、との記事。

オランダ人はズボン脱げ ビール宣伝で観戦拒否騒ぎ
バドワイザー以外のビール会社の宣伝は禁止、ということで。

1人の選手に3枚のイエローの珍事
なんとクロアチアの選手。主審も混乱。

 W杯シーズンですが、日本は早々敗退。アジア全滅。なんだかなぁ。

続きを読む "ニュースクリップ集:06/19-06/25" »

2006.06.23

黒いプーさん

 さきほど街で信号待ちをしていると、後ろから30代ビジネスマン二人の話し声が聞こえてきました。

 「鈴木は今どうしてるの?」

 「鈴木は、いま『くまのプーさん』を育ててますよ。だいぶ“黒く”なってきたらしいです」

 「なに?『お前になんか、俺の蜂蜜はぜったいにあげないよ』みたいになってきたの?」

 「そうです」

 …と言って、信号をスタスタと渡っていきました。

 どういう状況について話をしているのか、皆目見当が付きません。「それじゃ、ただの凶暴な熊じゃねーか」とツッコむこともできず、どうにも消化不良です。

2006.06.19

ニュースクリップ集:06/12-06/18

 先週のニュースクリップです。(計:18clip)

 ぴっくあっぷは、

<歌舞伎町>ホストのボランティア団体が清掃活動 新宿
団体名は「夜鳥(やちょう)の界(かい)」。

Pretec、“世界一丈夫な”防弾/耐水/耐火USBメモリ
撃たれそうな人は是非。

自分の読書時間が計れるデジタルなしおり
素晴らしい発想。

 W杯の豪州戦敗戦ショックを引きずった先週一週間。

続きを読む "ニュースクリップ集:06/12-06/18" »

2006.06.15

東京タワーと生業と仕事

 昨晩、作家のリリー・フランキー氏がTV番組の「仕事について」というコーナーで、こんな事を言っていました。(うるおぼえですが、、、)

 「むかし、日本のお百姓は、田植えをしたり稲を刈ったりすることを仕事とは呼ばず、【生業】(なりわい)と言っていた。【仕事】というのは、土木工事・土地開発など、今すぐはお金にならないようなこと(に対する取り組み)を言う言葉だった。」

 なるほどね。

 「生業」という言葉は「生まれたときから定められた」「人間としてやって当然」という響きがあります。今日の糧を得るためなんだから。

 現代の職業・作業内容は複雑化していて、なかなか「生業」と「仕事」をきれいに分けられないと思います。両面性を持つ職業もあると思います。でも、この言葉の使い分けを積極的に、「スピードとクオリティを求める“生業”」「チャレンジとしての“仕事”」と捉えても良いかも、と思いました。

 リリーフランキー、なかなか良いことを言うなぁと思ったのですが、下記サイトを見ると、

リリー・フランキー発言集500選
 
 普段はドウシヨウもないことばっかり言ってます。

リリー・フランキー - Wikipedia

2006.06.12

「サッカー応援願います!」

 スーパーに行くと、

 「業務連絡、あと3名ほど、サッカー応援願いますー」

 という店内放送が聞こえます。

 (W杯日本vsオーストラリア戦が行われる)今夜だったら、「ええっ?仕事そっちのけかよ」「っていうか、僕らもスーパーで買い物している場合じゃないよね」「薄型テレビ展示コーナーに集合だ!」ということになりますが、この放送は普段から聞かれます。

 要は「袋詰め要員が足りないので、手伝ってね♪」ということらしいです。

 で、この「サッカー」とは何か?ということについて、ネット上には二種類の表現があります。

1.sack(袋に入れる)→sacker《サッカー》

2.作荷《サッカ》作業の応援

 どっちなんだろう?

 おそらく「1」の様な気がしますけど。2.は、「倶楽部」とか「型録」みたいなもんでしょうかね?

 ちなみに、オーストラリアは「濠太剌利」、略して豪州。応援しますから、今夜は、柔よく豪を制していただきたいですね。

続きを読む "「サッカー応援願います!」" »

ニュースクリップ集:06/05-06/11

 先週のニュースクリップです。(計:43clip)

 ぴっくあっぷは、

飲酒が宗教を信仰するより優れている8つの理由
「未だ酒を飲まないという理由だけで殺された者はいない 」など。

”5秒ルール”は正しいことが科学的に証明される アメリカ
アメリカにもあったんだ!

テレビのようなホームページ
おもしろい。この人、頭良い。

論理がわかってない人々について
でも、論理が分かっていても、商売や票はとれないんだよね。

 正論で相手を追いつめても、良いことはあまり無いんだそうです。

続きを読む "ニュースクリップ集:06/05-06/11" »

2006.06.09

我が家もシンドラーだった

060609a

 一連のエレベータ事故に関する報道、それほど注視していなかったんですけど、わたしの自宅マンションのエレベーターがシンドラー社製だということに、昨日気が付きました。

 この半年ほど使っていますが、特に不具合を感じたことはありません。ソフトウェアの問題ということで、型式によって合う合わないがあるのかも。

 まあべつに、気にしなければ気にならないです。

 っていうか、どうせ部屋は2Fなので、階段で上がればいいだけの話ですが。

 「スイス製」という言葉のイメージも、「シンドラー」という言葉のイメージも、いきなり暗転してしまいましたね。せめて、えひめ丸事件の時の米軍ような、そこそこのリカバリーができるかどうか、これからは注視します。

2006.06.08

磯野家の謎のパスタ

 「最近、大学の学食は、メニューも増え、味が良くなった」

 と、先ほどラジオで言っていました。

 その言葉に、あるメニューを思い出しました。それは、私が大学時代(10年前)、学食の入り口に「新メニュー」として華々しく書かれていた

 「磯野家のパスタ 550円」。

 …ほほう、と思って食券自動販売機ボタンを押し、注文。

 出てきたものを見ると、茹でたパスタに、カツオ節、ワカメ、タラ子、サザエのつくだ煮、のり、いくら、等がのっていました。

 いかにも、ですが、まあそれなりに高価な食材を使っているし、磯野家の様な爽やかな味がするのかな?と、期待して食べてみました。すると、

 「うげ~~」

 …生臭いのなんの。

 それぞれ個別に、冷たくして食べるのなら良いのでしょうが、温かいゆであげパスタの上でこれだけの物が混ざり合っていると、その不協和音たるやたまったものではありません。

 いささか、磯野家のメンバーは個性が強すぎるようです。個性味がないのは、フネさんぐらいなものですかね。

2006.06.05

ニュースクリップ集:05/29-06/04

 先週のニュースクリップです。(計:19clip)

低気圧に命名できます 日本人が昨秋初購入 ドイツ
低気圧は28,000円、高気圧は42,000円。高気圧ガールに。

ライダーベルトで蚊を撃退
「バンダイは、アース製薬と共同で」

 蚊面ライダーですな。バタバタしてたので、ニュースは少なめです。

続きを読む "ニュースクリップ集:05/29-06/04" »

2006.06.01

セスナ体験操縦!

 ハワイにて、「飛行機を操縦できるオプショナルツアー」がある、というので、申し込みをしました。ワシンエアーという会社が行っています。

 小さい頃、羽田空港に連れて行ってもらった経験。
 ゲームセンターのフライトシミュレーションゲームにお金をつぎ込んだ(が、クリアできなかった)経験。
 航空工学科を受験しようとした(が、文転した)経験。
 航空会社の就職面接に行った(が、落ちた)経験。

 空への憧れの気持ちを少しだけでも満たそうと、相方にもつきあって頂いてカップルで申し込んだのでした。

 スタッフはすべて日本人ですので、英語の心配は無用。

 当日、連れて行かれたのは、ホノルル空港敷地の端にある小さな建物。ほんの少しだけレクチャーを受け、さっそくセスナに向います。じゃんけんで、相方が先に操縦することになり、私は2番手です。

 私は後部座席に陣取ってカメラを構えました。右側の操縦席には、インストラクターさんが座っています。

060601a

 なんと、離陸から着陸まで、すべてこちらでやらせてくれます。インストラクターさんは、管制塔との交信と、補助をしてくれます。

 滑走路に入り、スロットル(アクセル)をグワっと引くと、スピードがあがります。

 「スピードメーターが60ノットになったのでー、操縦桿(かん)を引いてください!」

 で、操縦桿をググっと引く相方。

 「ううわーーーきゃーーー!」

 と思わず声が出ていました。空に突っ込んでいくような感じで、機体が離陸しました。

 左手眼下にはパールハーバーが見えます。

060601b

 ホノルル空港を飛び立ったあとは、オアフ島を縦断して、北岸にある小さな空港(ディルハム空港)に着陸します。着陸は、さすがにほとんどインストラクターさんにお任せしてました。

続きを読む "セスナ体験操縦!" »

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople