Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« ニュースクリップ集:08/21-08/27 | トップページ | EudoraからThunderbirdへ移行 »

2006.08.30

「関係の空気」「場の空気」

 「空気読めよ」と言ったことがある人、言われたことがある人に、お薦めの本です。

「関係の空気」 「場の空気」
冷泉 彰彦
講談社 (2006/06/21)


 基本的な本書の内容は、

・日本語は省略表現が多く、会話の前提となる「共通理解」を非常に必要とする言語。この「共通理解」が「空気」である。

・会話のなかで、あえて言葉にせず(「例の件」など)、「空気」を意識して共有することで、親近感が得られる。

・この「空気」のお陰で、1対1のコミュニケーションは潤滑に行われる(恋人同士の会話など)。【「関係の空気」は肯定的な記述】

・「共通理解が足りない」かつ「言葉が足らない」と「窒息」が起きる。

・一方、1対nのコミュニケーションでは、「空気」の力が強大になり、話者が抑圧されることがある。【「場の空気」に対しては否定的な記述】

 …また、タイトルにない、本書のもう一つの軸が「コミュニケーションの対等性」ということです。

・上司と部下、男と女、年長者と若年層では、使う言葉が違う。使う言葉が違うと、そのバックグラウンドとしての「空気」が変わる。すると、本来対等であるべきコミュニケーションが一方的になる。

---

 多少本書の内容に「?」と思った点は、「空気」を生み出す源泉を「日本語の様式」と限っている印象があったことです。もうちょっと、モヤモヤしたものであるとおもいます。

 しかし、「相手が空気ではどうしようもない」「抗空気罪、というものがある」など、とてもオモシロイ内容でした。

« ニュースクリップ集:08/21-08/27 | トップページ | EudoraからThunderbirdへ移行 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2023/11684077

この記事へのトラックバック一覧です: 「関係の空気」「場の空気」:

« ニュースクリップ集:08/21-08/27 | トップページ | EudoraからThunderbirdへ移行 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople