Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« EudoraからThunderbirdへ移行 | トップページ | ニュースクリップ集:08/28-09/03 »

2006.09.01

「あのよろし」ってなんですか?

 花札の話です。

 花札をやったことがある人ならおわかりだと思いますが、短冊に「あのよろし」と書かれている絵の札があります。また、短冊に「みなしの」と書かれた札もあります。その他の札には、ほとんど文字はないので、とても印象的です。

060901a

 左から「松」「梅」「桜」です。

 で、この「あのよろし」「みなしの」というのはどういう意味なのか?そういえば、学生時代から疑問がもやもやと残っていました。偶然、街のポスターに花札をモチーフにしたものがあり、久々にこの「あのよろし」を見つけたので、調べてみることにしました。

 まず、この短冊の文字を「あのよろし」と読むこと自体が、間違いであるということが分かりました。よく見ると「の」の上に点があります。これは変体仮名と呼ばれるもので、可を崩したもの、つまり「か」のことです(●●さん江、みたいなやつです)。

参考:

変体仮名とは何ぞや

変体仮名を覚えよう

 ということで、「あかよろし」なのだそうです。まずこれが大発見でした。

 じゃあ、「あかよろし」ってなんですか?ということになるのですが、これが明確な答えが見つかりません。「明らかに宜しい」の略か、と書いてあるものもありますが、何が明らかに宜しいのかよく分かりません。

 で、花札の歴史から考えてみます。花札と言えば、やはり任天堂です。このサイトによると、

・もとはポルトガルから伝わったカルタ=トランプの原型。

・この後、花合わせとか短歌(百人一首)とか、いろいろ融合して現在に至る。

 さて、もう一つの「みなしの」も、実は「な」でなくて「よ」です。つまり「みよしの」の略です。「みよしの」で桜といえば、

 「み吉野の高峰の桜散りにけりあらしもしろき春のあけぼの」後鳥羽上皇

 ということで、百人一首的なものとの融合がみてとれます。

 で、「あかよろし」も何かの歌からきたのか…と思うのですが、定かではありません。「志」がくずれると「あ」に見えるので、「しかそすむ」から転じたのではないか、とする記載もありました(こちら

 「わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり」喜撰法師

 ということで、結局のところ、今となってはよく分かりません(なぜ松と梅の札にあるのかも分からない)。進化の途中経過となる花札が発見されればいいのですが…いかんせん庶民の賭博用具ですから、むずかしいかな?

 ちなみに、ハワイの花札では「あかよろし」が「ALOHA」になっているそうです。

WeatherMapオフィシャルブログ|『マップな日々。』: ハワイ版『花札』

« EudoraからThunderbirdへ移行 | トップページ | ニュースクリップ集:08/28-09/03 »

コメント

知りませんでした

うーむ! 興味深い
大変勉強になりました!happy02

あかよろしは、明らかに良いという意味らしいですよ。

「あのよろし」「みなしの」は

昔から すごく謎に思ってました。

記事を読んで、ホンの少しでも謎が解けて嬉しいですnote

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2023/11719395

この記事へのトラックバック一覧です: 「あのよろし」ってなんですか?:

» 花札 [ハンゲームで遊ぼう!]
花札は、普通の花札のルールにオリジナルのルールを加え、よりエキサイティングにパワーアップしたネットワーク対戦型の花札ゲームです。 3人で対戦して順番に1枚ずつ手持札を出しながら同じ柄の札を合わせて、札を取って行きます。取った札の組合せで役を作り勝負です。... [続きを読む]

» はなふだ [おこさま夫婦のほのかな生活]
「都の花」 任天堂のラインナップで一番安いのに \1,000もします・・・ 小さい頃、祖父からルールを教わって 賭けアリでよく遊んでました! 勝ったらコタツの上のみかん総取り といったカワイイものですけどね。 で、10月といえば「鹿と紅葉」。 そっけない鹿...... [続きを読む]

» 煙だしネオ片脳油が懐かしい [ランヘボ乗りの右回りドライブ]
「煙だしネオ片脳油」というのはかつて販売されていた消臭剤なのですが、製造会社の「小林脳行」は’84年に倒産しました。「ビニボン」などという変な製品名の洗剤も出してましたが、こちらは誤解を受けて製造中止に。 しかし私の記憶では、’88年にまだ私は愛用してました。 おそらく、小林製薬に譲渡されて、しばらく発売されていた様子。 ドットログネームはこれに由来します。 どう考えても変な名です。変なのはおまえだなんて言わないでください。少しは変でしょうが。 缶入りの液体... [続きを読む]

« EudoraからThunderbirdへ移行 | トップページ | ニュースクリップ集:08/28-09/03 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople