Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« ニュースクリップ集:10/23-10/29 | トップページ | ニュースクリップ集:10/30-11/05 »

2006.11.02

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因
西林 克彦
光文社
売り上げランキング: 3,093
おすすめ度の平均: 4.71
4 いかにいい加減に文章を読んでいたかわかりました。
4 読者をおとしいれながら解説
5 そのとおりだ


 最近読んだ本の中では、一番「ツボにはまった」一冊です。

 本をササっと読んだだけではわからないことが多いのに、わかったつもりになってしまう事を、読者に体感させながら丁寧に説明しています。

 一通り例文を読者に読ませた後、「では問題です。先ほどの文章で、○○についてどのように書いてあったでしょうか?」という問題を出し、「ほら、わからないでしょう?」という進め方です。まるで、学校の授業を受けているような感覚になりました。

 少々鼻にかかる文体ではありますが、しかし、仰っていることはその通りなのです。『文章をより深く読み込むためには、「わかった」とおもっている自分の鼻をへし折って、もう一度、一文一文を読み込んでいくことが必要なのです』…ということを改めて思い知らされます。

 こういう本、もっと早くに読んでたら、人生が変わっていたかも知れませんな。少なくとも、国語が苦手科目になることはなかったでしょうし、もっと小説を読んでいたかも知れません。

---

 ざっとした内容は、

・文章をわかるというのは、部分と部分との関連を理解すること。(原因→結果、など)

・文章を一通り読んで、幾つかの関連を見つけただけでは、まだ「わかったつもり」状態。もっと沢山の関連が見つけ出せるはず。

・最初に読むときにはこの関連を見つけようとして探すが、一度「わかったつもり」になると、それ以上探さなくなる。これを打破しなければいけない。

・文章を読むときには、読み手は「文脈」というものを想起しながら読む。これにより、書かれている言葉から自分なりに意味を引き出している。(それを部分間で関連づけようとする=わかろうとする)

・「わかったつもり」を打破するためには、違う文脈を想起する必要がある。それには、結論から見下さないようにすることや、例示されているものの意味を考え直したりすることが必要。

 そういうことが「読解力なのだ」ということですね。

 もう一度読み直してみたい本が、いくつか頭をよぎっています。

関連:

生涯学習ブログ: 『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因』

西林 克彦 (著) 「わかったつもり」 — lights on zope

« ニュースクリップ集:10/23-10/29 | トップページ | ニュースクリップ集:10/30-11/05 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2023/12526364

この記事へのトラックバック一覧です: わかったつもり 読解力がつかない本当の原因:

« ニュースクリップ集:10/23-10/29 | トップページ | ニュースクリップ集:10/30-11/05 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople