Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

« 台東区のとある路地 | トップページ | 清水の次郎長・鮨・紙 »

2010.05.24

湯西川の水陸両用バスに乗った

L1020343

 栃木の山奥で、「国産1号車」と書かれた、水陸両用バスに乗ってきました。ダム見学とダム湖クルージングがセットで一人3000円とお高いですが、雨にもかかわらずほぼ満席の盛況でした。

 栃木県、鬼怒川温泉の先にある、湯西川と言う所の「道の駅」が集合場所です(湯西川温泉街からはやや離れています)。この近くはダムがいくつもあり、現在も「湯西川ダム」が建設真っ最中で、ゴネている群馬の八ツ場と同じような状況ですが、このあたりは割と国土交通省と上手くやっているようで、この水陸両用バス事業も、「ダム建設に対する理解を深める云々」などの能書きとセットで、あっちこっちからうまくお金を集めてやっている事業だと思われます。和を以て貴しとなす、ですね。

 この水陸両用バスは、いすずのトラックを改造して作った、とのこと。船用のエンジンも個別に搭載されています。法規上の問題で、窓ガラスがなく、トロリーバスみたいです。

 まずはダムの見学。道の駅・湯西川から、このバスに乗り、トンネルをいくつか抜けて、川治ダムへ。

L1020351

 そこで、ダムのエレベータを下りて、実際にキャットウォーク(ダムの壁面の細い通路)を歩くことが出来ます。

L1020360

 「国土交通省のヘルメットを被れるという体験も珍しいですよー」などといわれると、まあそうなのかと思ってしまったり。

 さて、ダムから離れて、いよいよ このダム湖の入り口に向かいます。

L1020367

 周りをチェックして、OKが出ると、旗の合図でいざ進水。わりと、想像通りな感じで進水します。「どっぷん」と言う感じはあまりなく、スムースに進みました。むしろ、陸に上がる方が大変みたいです。

L1020376

 このダム湖はイワナやマスなど、沢山の生物がいるらしいですが、ダムという構造上、立ち入りは禁止とのことでした。(船が一艘入ってきてましたが、不法行為みたいです)

 帰って調べてみたら、専門の業者がツアーを請け負っているみたいですね。詳細情報はこちら

« 台東区のとある路地 | トップページ | 清水の次郎長・鮨・紙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2023/48446335

この記事へのトラックバック一覧です: 湯西川の水陸両用バスに乗った:

« 台東区のとある路地 | トップページ | 清水の次郎長・鮨・紙 »

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople