Adsense


2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ココログ障害情報


オススメ!

書評

2008.03.26

白洲次郎名言集

白洲次郎名言集―男の品格2 (コスミック新書)
清水 將大
コスミック出版 (2007/08)
売り上げランキング: 10568

 
 明石家さんまもキムタクも敬愛していると言われる、日本で一番格好良かった男、白州次郎。明治35年、神戸芦屋に豪商のお坊ちゃまとして生まれ、イギリス・ケンブリッジ大学卒。太平洋戦争後、GHQとの交渉役、通産省の創設、東北電力会長などを歴任。180cmの長身でハンサム、戦前から外車のスポーツカー(ベントレー)を乗り回し、ジーンズを初めて穿いた日本人とも言われます。

 白州次郎に関する本はいくつかあります。↓など。

白洲次郎 占領を背負った男
北 康利
講談社 (2005/07/22)
売り上げランキング: 8859

 
 今回読んだ本(名言集)は、その名の通り彼の発言にフォーカスして章立てされていて、軽い読み物となっています。いくつかその言葉を挙げると、

・(イギリス・ケンブリッジ大学に留学した理由を聞かれて)「僕は手のつけられない不良だったから、島流しにされたんだ」

・(GHQに日本国憲法案を強引に押しつけられた当時の外務省の記録に残した言葉)「『今に見ていろ』ト云フ気持抑ヘ切レス ヒソカニ涙ス」

・(GHQの将校に「英語が上手ですね」といわれ)「あなたももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ」

・「人様にしかられたくらいで引っ込むような心臓は持ち合わせがない」(吉田茂の側近と云われ、批判されたとき)

・「地位が上がれば上がるほど、役得ではなくて役損だ。よく覚えておけ」

・「葬式無用 戒名不要」(遺言)

 読んでいて気持ちが良くなります。元気が出ます。

 こういう、ガチッとした信念とプライドを持ち、どんな人間とも直球勝負できる様な人間というのが、敗戦処理に向いているのでしょうね。なんとなく、人物像が勝海舟とダブるんですよね。自分の役目が終わると、政治の一線からは身を引いて、経済復興に携わる所なども似ていると思います。

2008.03.04

「読み」の整理学

「読み」の整理学 (ちくま文庫 と 1-3)
外山 滋比古
筑摩書房 (2007/10)
売り上げランキング: 8408

 読解に関する本では、「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」「800字を書く力」に続く3冊目に読んだ本です。外山滋比古さんの本としては「思考の整理学」に続く2冊目です。

 「読み」の整理学、とタイトル名がつけられていますが、これは「“思考の整理学”が売れたから、整理学とつけた」くらいの勢いで、内容を表したものではないと思います。私なら「読解力2.0」、とでもつけるかな。(…センスないですね)

 「既知のものを読む」ような読み方をアルファ読み、「未知のものを読む」読み方をベータ読みと定義しています。

 私の理解では、読み方を洞窟探検にたとえると、アルファ読みは「ちゃんと入り口から入って、地図をもって、命綱を引いてもらって探検する」ようなやり方。一方、ベータ読みは「いきなり目隠しとヘッドフォンをされて洞窟の中に放り込まれ、懐中電灯一つでそこから脱出する」ようなやり方だと思います。このやり方だと、自分の全感覚を研ぎ澄ませてで洞窟の壁の様子や風の方向などを観察して、徐々に状況を理解しようとします。

 一方、アルファ読みの方は、地図を持っているので、そこまで観察しません。だからこそ、見落としてしまうものがあると、そんなように思います。

 ですから、余計な地図(読みにおいては先入観など)を持たずに、洞窟の様子を観察(文章を書かれているとおりによく解読)することにより、より深く文章を理解することが出来る、と、このようにも思いました。

 著者も「古典の素読」「読書百遍」を推奨しています。どうも速読がしっくりこない私は、ねちねちじっくり読もうというこの本の内容に、勇気づけられました。

2008.03.03

800字を書く力

800字を書く力 (祥伝社新書) (祥伝社新書 102)
鈴木 信一
祥伝社 (2008/01/25)
売り上げランキング: 6019


 以前読んだ「読解力」に関する本「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」に感銘を受けて以来、久々に同様の書を手に取りました。こちらの著者も同様に、国語の先生です。

 主な内容をかいつまむと

・まず書き始めることが大事。プライドを捨てる。
☆文章は自ずから作られていく。前の文章の足りない情報を補いながら展開していく。
・文章を書くことは、すでに頭にある内容を再現する作業ではない。
---
・退屈させないためには、文章に淀み・佇みが必要。
☆展開の妙が不可欠。=視座の高さの変化を実感させる。
・起承転結は不要。結論は先に。
・あえて常識的・論理的な展開を壊す事も必要。
---
・文章の中では、具体と抽象が行き来されている。
・読解に関しては「国語に正解はある」
☆段落意識の重要性/書いてある文章をちゃんと読み解けるか。

 …段落意識、難しいですねー。この本の中に「段落分けの練習問題」があるのですが、これが解けない。ついつい読み方が上滑りになっている事を思い知らされます。読書の量も必要ですが、一冊一冊をちゃんと読まないといけない。ちゃんと読めないと、ちゃんと書けない。その通りですね。

2007.08.24

「太陽の子」

 灰谷健次郎さんの「太陽の子」を読みました。本屋の「夏休みに読みたい:10代向けの本」の棚で売られていましたが、なんだか気になって購入し、そして一気に読みました。久々に、心が揺さ振られる思いがしました。

 時は昭和50年代。両親が沖縄出身で、神戸に移住し、沖縄料理屋を開いている家の、小学校6年生の女の子「ふうちゃん」の話。生と死、親と子、学校教育、地域社会、そして沖縄と日本というテーマの中、ふうちゃんが本当の意味で大人の階段を上っていきます。

 なぜ児童文学の本を今更読み始めたか?-僕は昔、国語が苦手で、読書が嫌いでした。「課題図書」と言われるものにも、あまり真剣に向き合ってませんでした。昔の夏休みに置き忘れた物を取りに行くような、そんな感覚で手に取りました。また、先日旅行した神戸の街が舞台であり、大好きな沖縄がテーマの一つであることから、この本を購入しました。

 心がどう揺さ振られたのか?テーマを「生と死、親と子、学校教育、地域社会、そして沖縄」と書きましたが、これらがとても「普通」に書かれていることが、一番揺さ振られました。これらテーマのあるべき姿というか、美しい姿というか、そういった物がくっきりと描かれています。この「くっきりさ」が、とても綺麗な景色を少しずつ確かめながら見ているような、そんな感動を与えてくれました。

 主人公のふうちゃんを思い浮かべると、ちょうどいい湯加減の温泉に入ったときの様な、胸がふうっと落ち着くような感覚がします。揺さ振られて、ふうっとなるという、この本は僕にとって「心のマッサージ」でした。

太陽の子 (角川文庫)
太陽の子 (角川文庫)
posted with amazlet on 07.08.24
灰谷 健次郎
角川書店 (1998/06)
売り上げランキング: 4307

2007.08.22

思考の整理学

思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古
筑摩書房 (1986/04)
売り上げランキング: 4938
おすすめ度の平均: 4.0
3 仕事法のエッセンス
3 現代でも通用する考え
5 知的生産の方法を簡潔に語る好著

 外山滋比古さんのお名前は聞いていましたが、著書を読んだのはこれが初めてです。エッセイ形式ですが、内容のぎゅっと詰まった良い本です。内容をつらつらと並べてみると、

・人に教わる=グライダーより、自分で考える=飛行機が大事。
・一つの考えや分野に集中するより、多分野の考え・多数の人の考えをカクテル。
・物を考えるのに適しているのは、三上(馬上・枕上・厠上)、空腹時。
・アイディアは、思考を寝かせ、ほかのことを考えていると浮かぶ(発酵・セレンディピティ)
・ブレインストーミングは有効。批判はマイナス。
・編集者は大事な二次創作者。
・時の試練を経た古典やことわざを大事に。
・素読も大事。
・しゃべる、書く、も大事。
・本には書かれていない、現実に根ざした知恵(暗黙知)も大事

 とまあ、近頃ではありふれた内容ではあるものの、20年も前の本ですから当時は新鮮だったのでしょう。「わからない」という方法 (橋本治)や、アイデアのつくり方(ジェームス・ヤング)、あるいは知識創造の方法論―ナレッジワーカーの作法(野中郁次郎)などとも通じるものがあります。

 いくつかあるテーマの中で、私がおもしろいと思ったのは、「アナロジー」という項目です。ある疑問があるとき、それを解決する糸口として、感覚が似たようなものを考えてみるということです。

 以下は私の考えた例。

 「コンピュータはものを考えられるのか?」という疑問があったとします。それに対して「それは、潜水艦は泳げるのか?という疑問に似ている」とします。で、泳げるとか考えられるという動詞は、誰かが操作して行う場合には使わない、と判断します。

 もちろん、アナロジーは危険な要因を含みますので、それで正しいと言い切ることはできませんが、着想の糸口としてはおもしろいですよね。

2007.06.28

不完全性定理―数学的体系のあゆみ

不完全性定理―数学的体系のあゆみ
野崎 昭弘
筑摩書房 (2006/05)
売り上げランキング: 17238

 入門!論理学を読んでから、次は不完全性定理だ、と心に決めておりました。そんな折、書店で本書を見かけまして、「新書で不完全性定理の本があるなんて、ラッキー」という気軽な気持ちで購入しました。

 で、これが、実によい本だったのです。丁寧に、わかりやすく書かれています。わかりやすく、とは言っても、私の読解力では「一読してたちどころに」とはいきませんでしたので、三読、四読しました。読むたびに「あー、そういうことを言っているのか」と、少しずつ薄皮をはいでいくような気分でした。

 「第1不完全性定理:自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、無矛盾であれば、証明も反証もできない命題が存在する。(ゲーデルの不完全性定理 - Wikipedia)」

 ようやく、この文章の意味がわかりました。論理学の上に数学を位置づけようとしたが、厳密にはできなかった、ということです。

 「(1)証明」も「(2)反証」もできない命題というのは、「この命題は証明できない」という命題です。これが証明できるとすれば←(1)、「証明できない」と矛盾です。そして「証明できない」が正しいとして証明しようとしても←(2)、正しいとしても、正しいからこそ、「証明することができない」ということです。

 自然数論を含む公理系では、そういう命題が存在してしまう、ということです。

 ここで、自己言及(self-reference)というのがキーになってくるわけです。

 次の2つはパラドックス。

・新約聖書:「クレタ人はうそつきだ」とクレタ人が言った。は矛盾。

・集合論:「集合N:“自分自身を要素として含まない集合”すべての集合」は、集合Nに含まれるのか?実は、含まれるとしても含まれないとしても矛盾。

 で、この次の2つはパラドックスではなく、特に停止問題は、ゲーデルの不完全性定理と同様の話。

・相対主義:「いかなる命題も、絶対に正しいということはない」という命題も正しいとはいえないのではないか。→絶対主義的には相対主義を規定できない。

・プログラム停止問題:「あるプログラムが一定時間に停止するかどうかが分かるプログラム」が存在するとしたら、実は「このプログラムが一定時間に停止することがわかったら停止するな、というプログラム」が存在するので、矛盾。だから一定時間に停止するかどうかが分かるプログラムは存在しない。

 以前、アルゴリズムを勉強しようと思ったとき、「再帰」の処理がいまいち理解できていませんでした。これでようやっと、読む準備ができたかな?

---

 ここのところ、空いた時間はずっとこの「不完全性定理」のことを考えていました。口の中で飴を溶かすように、すこしづつ、すこしづつ理解をしていく過程が楽しいです。まだまだ、飴は溶けきっていませんけどね。

2006.11.21

「書ける人」になるブログ文章教室

 ここのところブログの更新頻度も落ちてきたなぁ、内容も堕ちて来たなぁ、なんて思っていたところ、この本を見つけてしまいました。そして不覚にも買ってしまいました。

「書ける人」になるブログ文章教室
山川健一
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2108
おすすめ度の平均: 4.0
4 ブログに文章を綴る立場の人には大いに参考になる


 私が大学生の頃、大槻ケンヂの歌の題名と同じ「日本印度化計画」というサークルがありました。カレー好きのサークルかと思いきや、某O宗教団体の仮面サークルであり、信者獲得の一翼を担ったとされています。

 で、この本ですが、「ブログ文章教室」を期待して読み始めると、実はそのまま左翼系のサークルに連れ込まれた、という印象があります(^-^; もちろん「君の思想は資本家的だ」という攻撃があったり、内ゲバに合うわけではないですが、やんわりとした唯物史観から見た文学論を展開し、その中で(筆者なりの)文学としてのブログを位置づけようとする文脈が見て取れます。

 まあ、基本的にはうなずける内容が多いんですが・・・なんというか、左翼サークルに連れ込まれたあと、新歓コンパで先輩からクドクドと文学論を聞かされてるというか、そんな気分で読ませて頂きました。

 結論は「温かな無意識」を表現するためにはブログが最適なメディアだ、というものです。ご興味がおありの方は是非お手にとって見て下さい。

2006.11.02

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因
西林 克彦
光文社
売り上げランキング: 3,093
おすすめ度の平均: 4.71
4 いかにいい加減に文章を読んでいたかわかりました。
4 読者をおとしいれながら解説
5 そのとおりだ


 最近読んだ本の中では、一番「ツボにはまった」一冊です。

 本をササっと読んだだけではわからないことが多いのに、わかったつもりになってしまう事を、読者に体感させながら丁寧に説明しています。

 一通り例文を読者に読ませた後、「では問題です。先ほどの文章で、○○についてどのように書いてあったでしょうか?」という問題を出し、「ほら、わからないでしょう?」という進め方です。まるで、学校の授業を受けているような感覚になりました。

 少々鼻にかかる文体ではありますが、しかし、仰っていることはその通りなのです。『文章をより深く読み込むためには、「わかった」とおもっている自分の鼻をへし折って、もう一度、一文一文を読み込んでいくことが必要なのです』…ということを改めて思い知らされます。

 こういう本、もっと早くに読んでたら、人生が変わっていたかも知れませんな。少なくとも、国語が苦手科目になることはなかったでしょうし、もっと小説を読んでいたかも知れません。

---

 ざっとした内容は、

・文章をわかるというのは、部分と部分との関連を理解すること。(原因→結果、など)

・文章を一通り読んで、幾つかの関連を見つけただけでは、まだ「わかったつもり」状態。もっと沢山の関連が見つけ出せるはず。

・最初に読むときにはこの関連を見つけようとして探すが、一度「わかったつもり」になると、それ以上探さなくなる。これを打破しなければいけない。

・文章を読むときには、読み手は「文脈」というものを想起しながら読む。これにより、書かれている言葉から自分なりに意味を引き出している。(それを部分間で関連づけようとする=わかろうとする)

・「わかったつもり」を打破するためには、違う文脈を想起する必要がある。それには、結論から見下さないようにすることや、例示されているものの意味を考え直したりすることが必要。

 そういうことが「読解力なのだ」ということですね。

 もう一度読み直してみたい本が、いくつか頭をよぎっています。

続きを読む "わかったつもり 読解力がつかない本当の原因" »

2006.10.27

入門!論理学

入門!論理学
入門!論理学
posted with amazlet on 06.10.27
野矢 茂樹
中央公論新社

 論理トレーニングなどでお馴染みの野矢氏による新書。くだけた表現を交えて、平易な文章で書かれています。中学生でも多分OK。

 構成としては

1.論理学とは何か
・現実世界の言語による説明方法の中に、「前提が正しければ、結論もかならず正しい」という推論(演繹推論)がある。
・その演繹推論のやり方についても色々な立場(※)があるが、「標準的な命題論理」という方法・体系が確立されている。

(※)「(太郎は勇気を持っていない)ではない=太郎は勇気を持っている」を認めるか、などの問題。標準的な命題論理は認める立場(二重否定=肯定)。

2.標準的な命題論理とは
・「ではない」「…ならば」「かつ・または」などの言葉を厳格に定め(公理)、そこから推論を行う。

3.述語論理(量化)
 2の命題論理に加え、「全ての●●は」や、「○○が存在する」などについての公理を定め、そこから推論を行う。

 となっています。さらに補足としては

・「述語論理」のすぐ先に「自然数論」があるが、これはゲーデルの不完全性定理で「完全な論理体系ではない」と証明されている。

・本書は「自然演繹」というアプローチで論理学を説明したが、「真理表」からアプローチするやり方が一般的である。

 との記述もあります。

 「中学生でもOK」と書きましたが、中学生の時に読んでおかなければいけない本、と言えると思います。

2006.09.22

「系統樹思考の世界」とWeb2.0

 以前ウェブ進化論を読んで、「Web2.0という標記は進化論的だなぁ」と思ったことをここにも書きました。

 んで、「Web2.0とは何か」から、「進化論をウェブ(ネット技術・文化)とつなげる意味は何だろう」という方向で探っていて、出会ったのがこの本です。

系統樹思考の世界
系統樹思考の世界
posted with amazlet on 06.09.15
三中 信宏
講談社 (2006/07/19)

 そういう視点に偏りつつ本書の内容(著者の主張)を私なりにまとめると

●著者曰く、この本は「歴史」「系統」をキーとするものの見方についての本である。

●系統樹思考とは、「進化」という視点で様々なものを位置づけて考えること。猿は四足歩行だが人間に近い、など。

●生物学は、進化論を基底に置くものである。

※進化とは=生物が不変のものではなく、長期間かけて次第に変化してきたという考えに基づく変化の過程。この変化は、進歩とは限らない。(wikipedia

●ものの見方として、「分類」を否定し「系統」で考える事を主張。

※分類とは=特徴や意味に応じて種類別に分けること(wikipedia

●生物学や理系の学問だけでなく、文系の学問にも「進化論」「系統樹思考」は有効であると主張。

続きを読む "「系統樹思考の世界」とWeb2.0" »

その他のカテゴリー

Twitter


hatena bookmark

  • Hatena Bookmark

Tumblr


Media Marker


なころぐアルバム

  • D70064
    徒然なる写真です

BlogPeople